So-net無料ブログ作成
検索選択

先日のNHK杯より。戸辺六段対片上六段戦 [将棋の日記]

昨日届いた週刊将棋で片上先生のコーナーがあるのですが、そこでNHK杯についての自身の感想が書いてありました。

先手片上六段居飛車、後手戸辺六段の3二飛戦法(佐藤流とでもいうのか?早々に4二銀と上がる流行の形)という最新形の興味深い対局でした。

結果は後手戸辺勝ち。

早々に先手が無理筋とも言われている▲2四歩を決行したので、

「何か対策があるのでは?」

と期待したのですが、予想通り2筋を逆襲されて先手は振り飛車にするしかなくなりました。

相振りの形になりましたが、後手は美濃囲い、先手は右辺の2筋を攻められていますのでそちら側に玉を動かすわけにも行かず、中住まいに似た形を取って、玉は中央に囲いました。

局面がなくて申し訳ないのですが、先手は囲いでも負け、右辺は攻められており、左辺の飛車銀での攻撃陣には相手3三に配置された角がにらみをきかせていて動きにくいという、まあアマチュアならば100回やって100回後手が勝ちそうな局面になってしまいました。

うーん。。。どうなんだろ。

まあ振り飛車の優秀性を語ってくれたようなものなので良かったには良かったのかな。

しかもそのコラム上で、片上さんはその2筋逆襲された局面を

「それはそれでやってみないとわからない局面」

と語っていました^^;

まじか??

アマチュアでは絶対に先手が勝てないように思うのですがね。

片上さんも最後に二度とやらない局面になったとは語っていましたが^^;
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。