So-net無料ブログ作成
検索選択

将棋の駒の置き方のこだわり。羽生さんだろうとここは譲れない。 [将棋の日記]

私はネットでやるよりも将棋の駒で指すほうが断然好きです。ただやる場所がないのですがねえ。。。

棋譜ならべも駒を置いてやります。あの
「パチ」という音が大好きなのです。

ところで駒の並べ方にはみんな癖がありますね。

私もこだわりがあります。


最近プロの人にも多い置き方で、私が大嫌いなのがこちら

111009_160530.jpg

駒を下のラインに合わせて置く方法です。過半数がこれだと思います。
理由としてはラインに揃えてきれいに並べれるから。。らしいのですが。。

ばかちーーん!!

昔は駒はマス目の真ん中と教わったはずなのに。。これでは全く駒が先へ伸びていく勢いがみられないではないですか!!!相手の敵陣へ突入するのですよ。なんというか引っ込みじあんのように見える><

森内さんも羽生さんもこんな感じ。だめーー(個人的意見)。

大体、ラインに揃えなくても、空間認識能力がそこそこあれば平行に駒は置けます!!!!
あーやだやだ几帳面みたいにみえるし。

好きな感じはこういうの。
111009_160606.jpg

先日のNHK杯戦では山崎先生がこう置いていました。さすがー。


まあ個人の勝手なんでしょうがね。





NHK 将棋講座 2011年 10月号 [雑誌]

NHK 将棋講座 2011年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/09/16
  • メディア: 雑誌



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。