So-net無料ブログ作成
検索選択

電脳戦についての総評。 [日記]

電脳戦が終わってかなり経っているが、あの時自分はブログを更新していなかったから、今書く。

結果はプロ棋士の負け越し。3勝1敗1引き分けでコンピューター側の勝ちである。
この結果は多くの将棋ファンと将棋に詳しくない人の心を揺さぶったと思う。
将棋に関わる人、私を含めたアマチュアファンもプロもそうだが、ショックが大きかった。しかしそれは時代が変わったという認識であり(昔のCPUは馬鹿な将棋を指すという認識)、決して人間が勝てなくなったと思ったわけではない。少なくとも私は。

確かに最終戦のGPS将棋は少し別格の強さがあった。あの三浦先生をして完勝であった。これは三浦先生および渡辺竜王なども認めている。

しかしトータルでおかしな手(人間ではありえない手)が多々あったのは事実でありまだまだ発展途上を感じさせる。もちろん終盤の強さは際立っているが、しかしそんなことはとっくの昔から承知済みだ。問題は序中盤にいかに人間のような思慮にあふれる手を指せるかということだ。いや、CPUは局面を流れではなく、一瞬の絵として認識しているわけで、思慮ってのは変かな。

ま、とにかく棋力としてはまだまだ人間のほうが確実に上である。それもかなり上であると思う。

それにしても前から思うのだが、この対局は人間に不利すぎる。相手はCPUであり、疲れ知らず。そしてミスも少ない(多少あったのが逆に不思議だった)。時間設定も検討の余地がある。

またCPUのクラスター化が認められているというのも気に入らない。いくらでもCPUをつなげて良いというのなら、こっちだって(人間)プロ全員で検討してかかってやろうじゃないかと思う。よってたかってプロ一人がいじめられている印象さえ持った。絶対に負けられないという考えられないほどのプレッシャーのもと、5人の戦士は見事に戦いきったと思う。恥ずかしい将棋はなかった。

ただ次があるなら、勝ち負けは意識せずに、CPU対策の将棋を指すのではなく、普通に人間相手のような将棋を指してもらいたい。どうなるか興味がある。今回は少しCPUの特徴に合わせすぎたとこもあるかもしれない。


それにしてもこういう異種格闘技戦みたいなものは、そのルールがすべてである。
私が一時見ていて、そして見なくなったテレビ番組「矛盾」と同じである。
結局何を持ってどちらの勝ちとするか?それがすべてなのである。
超固い金属と固いドリル、どっちが強いかって、何分で穴を開けるかという設定しだいである。1年かけたらどんなものだって穴は開く。水滴だって石に穴をあけるのだから。

人間のプロに対しての敬意はどこへいったのだろうか?人間有利の環境でやるならまだしも、CPU有利な環境などありえない。世界普及だか、CPUの発展だか、何を目的としてやっているかは知らないが、そこへ何らかのお金や人間が絡んでいるのかは知らないが、将棋とプロ棋士の先生方に敬意を払った形での再戦を期待する。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。