So-net無料ブログ作成
検索選択

②手術直前 [前十字靱帯損傷闘病記]

さて手術が近づいてきました。

とにかく仕事が山積で、入院した日の夜まで仕事する状態。そして3週間仕事をなんとか切ったものの、切りきれなかったものもあり、心配。

足は5ヶ月経ったとはいえ、痛くもなんともなくむしろ安定したくらい^^;

みなさん気をつけてくださいね。前十字靱帯は切れてもまあ問題ないです。数ヶ月なら。

しかし!!

半月版(膝の骨と骨に挟まっているやつね。)が裂けたり傷ついたりすると、もう大変。入院が一気に伸びますからね。手術までは無理しないことですよ。[どんっ(衝撃)]






二回目の手術とはいえ、いや手術の中身を知っているだけに、術前はすごくナーバス。。
職場には後輩ばかりなので弱気なことはいえませんが、ずっと憂鬱でした。

まずは下半身麻酔の硬膜外注射。前回右のときに、これが若干失敗されまして。
すっごく痛かったんですよ。どうやら骨膜に当たると痛いらしく、今回は針をもっと細くして骨に当たらないように気をつけますということ!!

念入りにお願いしときました。本当に痛すぎるんです。

そして術後の後遺症。前回は髄液が漏れ出す低髄圧症というのになりまして、これがまた最悪。
起き上がると重力で髄液が下へ下がると、そして漏れ出す。そうすると、ひどい頭痛とめまい、吐き気に襲われるんですよ。これで前回4日はベットから起き上がれなかったんです。

ご飯も横になって食べるしかない。
トイレには車椅子で行くんですが、これがもう頭痛との闘いで、何度倒れると思ったことか。。。。
尿意と頭痛の狭間でまよう毎日。まあ結局トイレ行くんですけど、頭痛。

これはどんなに気をつけても5%くらいは起こるらしく、若年者に多いとか。
よくわかりませんが、がんばってもらうしかないですよね。

で入院をしまして、入院日は説明を受ける、書類に判子押すってことくらい。あとは膝の剃毛。
かなり局部まで剃るんで恥ずかしいですねーーと思ったら自分でやってくれとのこと。前回はやってくれたのに。。と意味不明ながっかり感 笑

あとは夜12時から水もだめですよと言われたのでもう寝るだけですね。


つづく  いよいよ手術当日


防ごう! 治そう! スポーツのケガ


10代スポーツ選手のケガ予防と回復食―強いカラダをつくる!


スポーツ現場の傷害調査 ケガの予防につなげるための取り組み (TJスペシャルファイル)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。