So-net無料ブログ作成
検索選択

2016 17節 バレンシアVSビジャレアルの感想 [★サッカー]

我らバレンシアだが、ご存知の通り新監督が就任した。
マンチェスター・ユナイテッド時代から有名なDFであったギャリー・ネビルである。
この人どれくらい実力があるのか半信半疑だ。

個人的に自分がDFであったからDFには注目してみている。ギャリー・ネビルも現役時代嫌いな選手ではなかった。イングランド代表でも同様。

ギャリー・ネビル就任の記事はこちらから⇒

アシスタントコーチとしてすでに兄のフィル・ネビルが就任しているのだが、アシスタントコーチならまあ誰でもいいでしょう(監督と比較したらね)。しかもフィル・ネビルはあらゆるボジションをこなすクレバーナ印象があります。

そして弟のギャリー・ネビルですが、まったく監督の実績がありません。かなり不安です。
何よりリーガの知識があるのでしょうか?
バレンシアというチームはもう私は17年くらい応援しているのですが、すごく特殊なチームだと思います。
これまで多くの監督が就任してきましたが、言えることは一つです!!![どんっ(衝撃)]


バレンシアにはすでに伝統としてしみついているシステムが存在する!!

新しい風を入れようとすると失敗します。これは間違いない。

ポイントはこちら[ひらめき]
1守備から始まるチーム作り
2中盤の数的優位を作るためのフォーメーション(具体的には4-5-1or4-3-3)
3サイドにドリブラーを置いてカウンターを中心にするとまとまる。
4外からの選手を入れまくると大概崩壊する(スペイン人中心、カンテラ中心にしてください)

とにかく歴史を勉強してから来てもらわないと・・・・・危険






で、今回の試合です。
ヤフーでの記事はコチラ⇒

結果から言うと、最悪でした。ここまで3試合でもほぼ勝利なしでしたが、もう彼の実力は見えましたね。
なんとフォーメーションは5-3-2(3-5-2のサイドバックが引きすぎパターンとも言える)。
そら怪我人が多いからと言い訳するかもしれませんが、このフォーメーションで勝ったことはこのチームいちどもありません。

案の定後ろの5人が暇を持て余して、中盤の3人が走らされまくってヘロヘロになるというアンバランス。
2トップも追いかけるのですが、じゃあ前から奪うようなチームかというと、中盤から下が上がってこないので無駄走りです。

リーガは中盤が命なんですよ。知らないの?
そのための1トップなんですよ。中盤を厚くするために。

全く入りそうもない試合でした。お疲れ様でした。2016年6月までの契約なんて長過ぎます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。