So-net無料ブログ作成
検索選択
・自戦譜(三間飛車) ブログトップ

将棋棋譜:先手三間飛車からの超乱戦。優勢~敗勢~奇跡的逆転。拾った将棋だが、なかなかこういった将棋も面白いものだ。 [・自戦譜(三間飛車)]

少し前の棋譜発見しました。棋譜整理です。
乱戦をあまり好まない私ですが、最近は時々やります。けっこうおもしろいですねえ。
棋譜が変わってきたかも。



特筆するとこはない棋譜です。さらっとどうぞ。もっと中盤で簡単に勝てたかもねえ。

超早指し。今までで一番短かった持ち時間。 [・自戦譜(三間飛車)]

最近ときどき対局しています。入院による体力と筋力の低下で夜には疲れが出てしまいます。そのため仕事を少し早めに帰ることも多いです。とはいっても9時はすぎますが^^;
ということで対局ができているのですね。毎日とはいきませんが。

私元々長考派と言われています。これが悲しいかな長考派というのは持ち時間を使い切るからそう思われているのでしょうが、ただ頭の回転が悪くて手が見えないだけなのです。それともともとの性格が災いしてか慎重で、手の決断ができないのです。つまり読んでいるというか迷っているのです^^;やめようと頑張っているのですがね。

まあ色々考えることは将棋勉強にとっては悪いことではないのでしょうが。

で、今回たまたま出会った相手と将棋をやることになったのですが、いつの間に設定を変えていたのか知りませんが、対局が始まってすぐに気付きました。持ち時間がほぼ切れ負け1分だったのです!!
今まで持ち時間3分くらいのはやったことありましたが、さすがに1分はなかったですね。

1分の切れ負け将棋ともなると、作戦もとにかくアナグマとか、わかりやすい悩まないのにする必要があります。
またネット将棋特有なのですが(実際でもあるか??)駒を成るときに確認のページが開くのです、そこで確認ボタンを押さねばならないのです。これは数秒を有します。つまり駒を成ることも時間を考えたら危険。まあ早指しのコツはいろいろありますね。
とにかく相手は弱かったのですが、負けないように頑張ってみました。では内容はないよーーんですが^^;流してご覧ください。



実はここのところ4連勝くらいですね。レートは大体同じくらいのひとでしょうか。相変わらずポカもありますし、対局不足がたたっているとこもあるのですが、簡単に負けないように粘れる将棋が指せるようになりました。棋譜並べとか本の勉強も効果が出てきているのかな??
また掲載しますのでコメントください。

あ、今日の棋譜は突っ込み満載ですが。。。

久々の更新。先手三間飛車藤井システムもどき VS 後手居飛車急戦 [・自戦譜(三間飛車)]

出張やらなんやらであっというまに九月後半になってしまいました。
体力の限界ですね。まあ合間合間の飲み会もたたっているのですが^^;

将棋を久々にやってみました。先日NHK杯で久保八段が藤井システムもどきの作戦を使っていたので、まだ詳しく見てないのですが、雰囲気だけまねしてみました。
案の定超劣勢になってますが^^;

中盤無理やり逆転にもっていっているとこが私の将棋らしいかな??とか思って載せてみました。
参考になるとこは少ないでしょうが気楽にご覧ください。


先手三間飛車 VS 後手居飛車急戦~持久戦へ        将棋 [・自戦譜(三間飛車)]

今日は長手数の将棋を載せます。なんというか手待ちの嵐で、しかも詰みを逃して逆転逆転再逆転といったながーい将棋です。
まあ一気に負けることが減っているのは粘り強い将棋ということで少しの成長かもしれませんが、腰が引けている手もあって良いのか悪いのかという感じです。

まあ気楽にご覧ください。昔やっていたころの三間よりは成長していると思えました。



ね、粘り強かったでしょ^^;(皮肉)
最後は攻めておきながら受けに回ってしまい、怪しい感じでしたが、それでも自玉の安全性は読みきっておったのでまあまあですね。またご意見いただけたらと思います。

先手三間飛車 VS 後手急戦  ~丁寧な指し回し~     将棋 [・自戦譜(三間飛車)]

久しぶりに棋譜を掲載します。
三間飛車をやってみました。ずいぶんと対局のブランクがありましたが、その分丁寧に指せたと思います。
それではどうぞ。



少し前まで振り飛車はどうやっても悪くなるようなイメージがまとわりついていました。それは自分の力不足と、最近のプロの振り飛車党の苦戦が重なったためだと思います。
それでもある人の振り飛車を見て考えを一転させられました。アマチュアの方なのですが。
そのお話はまた今度。

途中多少消極的な手もあるのですが、最後は自分らしく豪快に決めれたと思います。またどしどしご意見いただければありがたいです。みなさまとここで感想戦ができたらと思います。

モカさんとの久々の対局☆モカ式高田流逆棒銀!!を受けきれず^^;~yahoo!将棋~ [・自戦譜(三間飛車)]

本日は久々にモカさんとお話でき、対局もできましたのでその棋譜を掲載します。またあとで色々分析もしたいと思っていますのでお付き合いください。
モカさんは振り飛車相手には(居飛車にもか?)、高田流逆棒銀を多様しているようです。モカさんはこの高田流逆棒銀を勉強したわけではないようで、モカ流逆棒銀ともいえますね。
前回の対局では今回ほどではないですがしっかりやられています^^;。途中から形勢逆転しましたが、結局私の時間切れ負けでした。

参考までに前回の対局を掲載した記事です↓
モカさんとの前回の対局

今回も逆棒銀でくるだろうと思っていましたが、あえてそれを受けきることはできないものか?と美濃囲いに組んで受けてみました。
上のリンクより、前回の対局との違いを比べながら進めるのも結構おもしろいです。
違いは後手の玉の位置!

前回の記事へのコメント欄に「ミルさん」からの投稿がありますが、これがすべてまとめてくれていましたね^^こちらもご参考に。



☆22手目までの玉の囲い方に問題がありました。相手がどういう作戦か分からない時点では藤井システム様の組み方も有力かもしれあせん。
☆34手目:△9五同香はよくないですね。手順に飛車にまわられる。
☆40手前後:やはりどこかで▲9三歩を打つべきでしたね。攻め込まれるにしてもこんなにあっさり入られてはダメ。
☆72手目:△5二玉。時間に追われたが正着は△6一玉のようです。
☆73手目:▲2二飛、敗着。△3二歩と止められて厳しい。▲6三龍と切っていればコメント欄にも書きましたが先手勝勢でした。

中盤から先手の小さなミスや緩手のために差が縮まったが、終盤モカさんが数手間違えなければ、私は何もできないさんざんな棋譜になっていたと思います。前回の対局よりも内容がだめになってしまったのは、やはり前回は端に注意して序盤の駒組みしていたということが大きかったと思います(つまり△6二玉か△7一玉で止まっておく)。逆棒銀には△8二玉と入城してしまったらもはやアウト!!ですね^^;しかしこれは級位者で知らない振り飛車党の方にやったらけっこう連勝できそうですが^^(僕は居飛車やらないですが)。

モカさんまた逆棒銀で対局お願いします。勉強しておきます。ありがとうございました。

2週間ぶりの対局。ちょっと肩慣らしにやってみました。振り飛車党の心はまだ生きているのか??~yahoo!将棋~ [・自戦譜(三間飛車)]

みなさんこんばんは。更新が滞っていて申し訳ありません。体調も回復しましたし、職場のイベントも終わりましたし(またブログで旅行写真を掲載予定)、また頑張って更新していきます。

ここ2週間何をしていたかというと、仕事が忙しかったわけではなく、体調がいまいちだったのです(前にも書きましたが)。
ストレスは相変わらずですが、まあコンディションがよくなってきたので乗り切れますね。嫌な事に負けているわけにはいきません。
お気楽でやっていかなくちゃ、ですね[晴れ]

将棋のほうですが、ソフトと練習ばかりしていました。ということで対局数はここ数ヶ月実はかなり増えています。しかしソフトというのはいつも同じような手を指しておもしろくないですね。人間味が無いというか(当たり前か^^;)
あとは本や棋譜並べ、局面の研究といつもと同じですが、新しい試みで、新戦法を勉強中です。
というのもプロ間でもささやかれていますが、今までの振り飛車は苦戦気味ですよね。
穴熊が猛威を振るってから私も色々と考えてきましたが、ここで思い切って違う作戦を勉強してみようと思いました。それは、何かというと・・・内緒です^^;(分かる人もいそうですが)[ひらめき]

それはまた次回にしまして、本日の対局です。

ちょっと実戦勘が鈍っているかな?と思い、また最近連敗中だったことを思い出し、少し格下(??レート的なものですが)の相手とやっています。とはいえ、楽勝ではなかったので、まだまだですが。

それでは棋譜をどうぞ。先手なお、後手wさん(初対面、レート1300)です。



新戦法をやろう!と思っていたのですが、手がかってにいつもの三間飛車を指していました^^;習慣というものは怖いです。

39手目:▲5九金。満足の手です。後手は8七の角が悪手になってもはや動けません。
45手目:▲6六角。ちょっとお気に入りの一手

57手目:▲6六歩。これはネットならではのクリックミスです。駒を落としてしまいました^^;予定では▲5三銀あたりから読みを入れていたのですが、この6六歩が活躍する展開になりました。将棋は不思議だ。

67手目、69手目:ハメ手だったのですがみごとにかかりました。うーーん。ちょっと上手く行き過ぎてなんだか微妙でした。

98手目:△7六角成。やっと角が働いたのですが、敗着です。ここは△3三歩でどうだったでしょうか??それでもなんとか後手玉を寄せれそうですが。意外と難しいか??

最近、指し手が慎重になっているとは思います。自画自賛ですが。以前は無理な攻め合いをして優勢を崩してしまったりしていましたが、最近ではいわゆる「からい!」手を指して相手に逆転のスキも与えないような指し回しを勉強しています。
また大山先生のように馬をひきつけたり、相手の攻めに合わせて自陣を立て直せたらいいなと、まねしているところです。

まあちょっと見所が少ないかもしれませんがお気づきの点がありましたらご指導ください。



対居飛車持久戦!変則的高美濃囲いを相手に捌きの久保とガジガジ流藤井をお手本に・・!?~yahoo!将棋~ [・自戦譜(三間飛車)]

みなさまこんばんは。最近また寒くないですか?
春だと油断したばっかりにこの寒さについていけず、久々に風邪を引いています。多分仕事のストレスもあると思いますが、免疫力が下がっていますね。やはり精神的にヤル気が下がっているときに風邪を引きます。

病は気から

その通りですね。


それではひさびさの完勝でもあり、また久々の対居飛車戦がありましたので掲載します。

先手なお 後手tさん(レート1400前後だったか?忘れましたが)

それでは棋譜をどうぞ。




☆中盤お互いに手待ちをしていますが、先手にとっては良いタイミングで仕掛けられたのが勝因ではないでしょうか。

☆また途中ばっさり駒を切って捌きからガジガジ流へと変更したのがうまくいきました。こういう強引さが最近なくなっていましたね。

☆また序盤玉頭の桂馬を照準に合わせた作戦も効を奏したともいえると思います。



最近相振り飛車はさんざんですが、対居飛車には感じた私自身の変化があります。
前までは振り飛車を指していながら振った飛車はその筋からあまり動かず(三間や四間から)居飛車っぽいと思っていました。居飛車のほうが合っているのでは?という意見も納得です。
しかし最近では(本対局も)飛車と角があちこちに動き回ります。手の善悪は私にはわかりませんが、昔憧れていた振り飛車の指しまわしに少しずつ近づいている気がしています。

みなさま、完勝とはいうものの、危険なポイントもあると思います。厳しいご意見お待ちしております。宜しくお願いします。

yahoo!将棋での対局棋譜。yahoo!将棋界きっての強豪せなちゃん復活記念対局。 [・自戦譜(三間飛車)]

みなさまこんにちは。昨晩はとても良いことがありました。
私のyahoo!将棋歴でも古くからの親友??(彼女は認めてくれているでしょうか^^;)のせなちゃんがネットに復帰しました。色々あったようですが詳しいことは知りません。ネットは現実と虚構の中間だと思っているので私から誰かに聞くこともありません。
それでも好きな人が帰ってくるのはとてもうれしいものです。
せなちゃんの復帰を聞いて多くの人が遅くまで集まりました。

せなちゃんは将棋のブランクがあり、思うような手が浮かんでこないと言っていました。確かに、最盛期のせなちゃんの指し手に比べれば若干緩い気がしますが、これだけブランクが空いていてこの内容なら大丈夫でしょう。本人が気にしているよりも事態は深刻ではありませんよ^^(せなちゃんへ)

久々の対局を誘われ、夜も遅かったのですが喜んで引き受けました。
とにかく前回の対局が確か昨年の春~夏くらい。今見返しても恥ずかしい内容だったので、今回は少しは成長を見せることが出来ればという気持ちで臨みました。

序盤珍しく丁寧に指しています^^;

それでは棋譜をどうぞ。
先手なお(レート1350) 後手せなちゃん(レート2100)



★今見直して思うことまとめ★

①左辺からの攻めが少ないことからも、▲5七銀と上がりましたが、いまいち生かせませんでした。しかも向かい飛車にしたのなら、▲6七銀型のほうが生かせたかもしれません。

②どこかで4筋の歩を交換して一歩持つべきだったかもしれないです。

③49手目:▲8五歩 筋悪いですね。悪いの分かっていてやれると思っていたのですがやはり飛車角だけでは切れ模様になりました。

④52手目:△9二香が高段者らしい落ち着いた手ですね。これを飛車で追っている時点でダメです。飛車角が余計に動きにくくなりました。

⑤55手目57手目:せなちゃんからもお褒め?いただいた手。角を捌かせないように桂馬をとりました。満足。ただその前に▲7三角成としておけばなおよかったのですが。

⑥69手目:迷いました。▲5四銀なんかも目に付きましたがどうだったか。

⑦73手目:▲6三成銀はあったなあ。

⑧74手目:先手時間も無く諦めてしまいましたが、コメント欄にも記載したように▲6三歩(有力かも)▲6二角(これはいまいちかな)とか手はあったのかもしれません。

前回に比べまともな対局になって一安心でした。せなちゃんからも「序盤丁寧でしたね」とコメントいただきました。時間があればもう少し感想戦したかったですね(もう夜中の3時近かったので)。
ここで感想戦したいと思っていますので、みなさま気になったところがあればどしどしご指摘ください。
宜しくお願いいたします。

将棋不調の件。その考察~将棋ソフトの練習を元に考える~ [・自戦譜(三間飛車)]

最近対人戦実は8連敗くらいしてます。その中にはもちろんプロとの指導対局も含まれていますので実際はもう少し少ないのですが、とにかく勝った記憶がない。これはいわゆる負け癖ですね。勝つイメージがないのです。問題。

色々考えながら将棋ソフトと3連戦やってみました。実はこれまでもちろんソフトにも連敗でして、勝率1割くらいになっていたのですが。
今回3連勝しました。何が今いけないのかを考えながら少し違った手を指してみました。
戦形は普通の振り飛車対左美濃、急戦です。

圧勝のもの、ソフトのへぼに助けられたもの、苦しい展開様々でしたが、問題点が少し浮き彫りになりました。

内容も一応載せます。ではどうぞ。

第一局目。先手なお四間飛車 後手柿木将棋左美濃



31手目あたりから:▲3八金を保留してます。これはいつもの悪い癖。はやく締めるべき。
45手目:▲4九金。手待ちです。今日のNHK杯戦にて鈴木八段が手待ちで3九金までもっていたのが影響しています^^;でももっと良い手待ちがあったと思います(9六歩など)。
80手目:△2八歩良し悪しは別にしてここらから先手やや不利に。玉を遠くしようと▲2六銀▲2七玉としたのですが、角を切られて守りが不安定に。
91手目:罠。△同飛なら▲5五角から飛車を素抜きます。(人間なら引っかかる人もいるかも)
105手目△5四金▲6三銀:角を取られても先手玉は詰みません。
114手目よりソフト特有の最後の連続王手。ここで投了とすべきですね^^;ソフトでも。ちなみに連続王手で頂いた駒は詰みの時には使用しないように注意しています。


第二局目。先手なお三間飛車 後手柿木将棋天守閣美濃



序盤は設定で後手は持久戦(左美濃)と分かっているのですが、先手も穴熊を考えて駒組みしたつもりです。
46手目:▲3九金。慌ててハッチを閉める。また王手桂取りされるとこでした。これを遅らせてよい場合は絶対にありません(実際によくやられて懲りてます^^;)
61手目:▲4八銀。善悪は不明だが、先手は5筋に拠点があるので銀を手放しても攻めれると判断。しっかり守る。
85手目:似たようなもんだが▲5四銀打が正着か?どちらにせよちょっと重い形だなあ。。。
88手目:△9二銀 92手目:△7二角打 こういうところで最近逃げたりしていた気がする。駒の損得より終盤はスピードです。
98手目よりソフトは諦めたようで、連続王手にて終了となりました。

第三局目 先手なお三間飛車 後手居飛車急戦



40手目あたりから、後手は一回飛車を引いて手待ち、その数手後角交換と一貫性の無い手順になっています。ソフトはその局面での判断しかできないため、こうなったのでしょう。数手先手が得をしているので対人戦では銀冠まで囲えなかった可能性が高いです。
53手目からがちょっと自信の手順▲6四歩△同銀▲6六角(香取り)△5五歩▲6五桂(飛銀両取り)。常に先手を取りながら駒得します。ただその後5筋4筋から攻め込まれ拠点を作らせたともいえます。
85手目:▲9一飛成。これは手拍子でやってしまった。しかし86手目:▲9二龍△同金となれば飛角交換のうえ、後手の金が最悪、しかも2枚飛車でも先手玉は当分安泰、ということで結果先手有利になりました。しかしちょっと良く見て指さねばいけないと反省。
89手目:▲5八香、93手目▲5八香車(二枚目^^)こういう手は今回守りを意識してやりました。薄そうなとこを放置して戦うクセがあるので、今回は慎重なほど慎重にいきました。手の善悪は不明。
97手目:▲5五歩からの攻め合い(攻めるタイミングと判断)。攻め合ったあとの▲5八歩打(守りに手をもどした)。緩急どうだったでしょうか。意識的にやったものです。
118手目で後手ソフト投了の気持ちで無理やり王手にきました。以下簡単な詰み。


今回はたかがソフトとのしょうもない将棋でしたがちょっと載せてみました(対人棋譜が足りないのでは・・?という推測は無しです^^;)
不調な原因を探るべく、いつもはどうやっているから勝てないのか?を意識しながら三局やってみました。ソフト特有のしょうもない手もありますが、そのそれぞれの棋譜の中に一つずつくらいはなにかポイントが隠されていたような気がします。

守るところはしっかり守る。
大駒の切りどころ(終盤は速度)。

簡単にまとめるとこれだけのことでしたが、非常に重要なことです。たったソフトとの三連勝で改善、進歩したとは思えませんが、少しそういったことを気づかせてくれた練習になりました。
(ただ問題は私は中盤などソフトのクセを把握しておりますので、少し手得できた場面があると思います。対人の実戦が必要です)。

天使さんとの第三局目!尚の三間飛車炸裂!!と思ったら思わぬ大誤算☆☆一手のミスが命取り~yahoo!将棋~ [・自戦譜(三間飛車)]

それでは、今日は連続投稿です。

明日、実家の高知に朝から出発なので今日は早く寝ないと=。=zzzz
明日の天気が心配です。雪積もってたら大丈夫かなあ・・・

そういえば今日ちょっとした出来事がありました。
僕はよく忘れ物をしたりして妻に怒られるのですが、僕は物はなくしません。部屋はけっこうちらかっているけれども、大事なものは必ず「ここに置いた!」と確認しているのです。見つからなくてもだいたいすぐ見つかります。

妻はどうもその辺が適当なとこがあって、よく物をなくします。ピアス指輪に鍵に帽子・・・
そのたびにいらいらして、結局僕が探すことも多いです。気軽に大事なものをその辺になげてあったり、適当なポケットにいれたり(いつも違うとこに入れるのが問題なのです)。。。

今日も朝からたくさんの鍵がついたキーホルダーをなくして大探ししてました。カラオケに電話したり、カフェに電話したり、車の中も僕が探しにいったり、部屋も全部探しました・・・

「もういいよ、もう無いんだから次のことを考えよう。なくなった鍵をどうするか」と僕は言っていたのですが、夜になって、はっと思い出したのか

「あったーー」

バックのいつもと違うサイドポケットに入れていたよう。何でそんな入れにくいポケットにわざわざいれるんだろう・・・

もうしんどいです。なんとかしてほしい。ちゃんと置く場所は全部決めればいいのに。

とまあこのへんにして、棋譜です^^;

天使さんとの第三局。二局で完敗した天使さんは悔しかったよう。すごい意気込みでした。
それではどうぞ。

38手目:悪手△4二飛。もはや取り返しのつかないミスです。ごらんのとおり37手目までは尚が優勢に進めています。しかし38手目のこの大悪手から形勢逆転!非常に無念です。

56手目:悪手△2九銀成。最悪ですね。どうすればよかったのかな?普通に△3九飛車打でしょうか。
58手目:悪手△1九成銀。ここでも△3九飛車打かな。

注☆最後の局面のコメントにて間違いがありました。すいません。先手△6五角となって次に△4三桂打を見て先手優勢と書いてありますが、もちろん△7四桂打からの詰みを見ての尚の投了です。
この少し前に▲3九飛と打たずに▲6四歩として桂馬を守るべきでしたね。

終盤は序盤のミスにて戦意喪失気味なのが今見返してよくわかります^^;ただのやけくそ粘りです。

多分これが本年最後の棋譜掲載になるとおもいましたが、圧勝の可能性もあっただけに非常に悔やまれます。しかしこの気持ちをさっそく来年にもいかして頑張りたいと思います。

形勢が厳しくなっても逆転の筋はあったでしょうか?僕が思うにこの対局は圧勝か、完敗のどちらかしかなかった気がします。もしお気づきの手がありましたらご指導ください。よろしくお願いいたします。


天使さんとの第二局。本気モード三間飛車!尚得意の強引な無理攻め!!アマチュアは勢いって大事だね☆yahoo!将棋 [・自戦譜(三間飛車)]

みなさま今年も残すところあと少しになりました。どんな一年でしたでしょうか??

私は1月の挙式に始まり、4月には新しい職場へと変わり、そして6月には妻も職場が変わり、慌ただしい一年でした。

大学時代の友もみな全国に散っていき、新しい生活がスタートしました。もちろん結婚生活も。

結婚生活に仕事になかなか慣れずに大変なこともありましたが、こうやって無事一年過ごせたことを嬉しく思います。

また思い出深いのは9月にプロ棋士の森信雄先生にお会いできたことです。将棋がだいぶさまになってきて、これからというときに、森先生に出会えたことはとても大きな出来事でした。初めて将棋会館で知らない人と指せたのもよかったです。

またブログを1年続けることができ、そこで知り合った方との交流から、将棋の面でも、人間性の面でも色々と勉強になったことも大変感謝したいことです。

一年間ブログにコメントくださった皆様もありがとうございました。

また来年も皆様よろしくお願いいたします。

それでは天使さんとの第二局を載せたいと思います。
第一局目を落としているだけに得意の三間飛車で迎え撃ちました。序盤は今見ると強引な手が目立ち、切れ筋になりそうなところもありましたが、やはり負けたくない!という気持ちが見える一局でした。
ここのところ安全に指そうと弱気になる事が多々ありましたが、時には気持ちで負けない事も大事ではないでしょうか?特にアマチュアでは最善手を常にさせるわけではありませんから、勢いがものをいうことも多いのだなあと実感しました。
それでは棋譜をどうぞ。


序盤少し危ない手が目立ちます。角を連続で打っているあたりが危険でしたね。もしかしたらもっと確実な手があったかもしれません。

気になった点がありましたらぜひご指摘ください。引き続いてラスト三局目も掲載したいと思います^^


なかよしさんに連敗☆昔はしのげていた(本当にそうだったか??)棒金にも完敗・・・ [・自戦譜(三間飛車)]

仕事で疲れがとれません、なおです。
将棋に関しても少し前までは好調だったのですが、モリノブ先生に指摘されてから色々な戦形を練習するようになり、また本をよみあさっているうちに、どれも中途半端になってきました。けれどこれも通らねばならぬ道なのかもしれませんね。
とにかく勉強しすぎて頭が飽和状態であやふやな知識に頼って悪手を指すことが多いような気がしています。
ここで少し定石本の勉強はお休みします。
前のように自分で考えることを少ししてみようと思います。

また定期的に訪れる「将棋がなかなか強くならない・・・ううう病」が出てきかけていますので、今は勝っても負けても気楽に楽しむことにしました。

しかし掲載する棋譜は負けたもので、その分析だけはしっかりしようと思います。

それではなかよしさんとの対局です。本で勉強した色んな作戦がごっちゃになって使っているのであちこち穴だらけですね。それではどうぞ。

あとで思ったことですが△7四歩とされたときに相手にせずに一目散に4筋3筋から逆襲行くべきでしたね。そしてどこかで▲7七角として角交換をするとか。飛車も角もさばけないのは大問題。

反撃の手段は序盤のほうがよかったですが、中盤苦しくなってからでも、たとえば39手目▲7三歩△同飛▲6五歩△8八角成▲同飛△2二角打▲4八飛△9九角成▲8二角打△7四飛▲9一角成・・・・とこれを一例として載せます。まあこういう流れもありえたということです。

結果図も駒損なのですが本譜よりは駒がさばけてまだましかな?と。相手の応手によってはもう少しよくなるかもしれませんし。将棋とは厳しくなっても考えれば色々あるものだなと思いました。
今日はこのへんで。


久々の対局~ライバルりょうさんとの棋譜~ 結局時間切れだが、内容はどうだ!? [・自戦譜(三間飛車)]

みなさんこんばんは。更新が遅くてごめんなさい。どうやら自分が思っているより多くの人がこのブログを見ていただけているようでとてもうれしいです。これからも頑張りますのでぜひごひいきにおねがいします。

今週土日はゆっくりと時間がありました。なら対局をすればいいのに、あれよあれよと週末が終わってしまいました。残念。しかし、その分将棋駒を並べての研究はたくさんできましたし、たまっていた本雑誌もだいぶ読めました。成果はあった??と思いたいです。

で、少しのあいた時間をぬって対局しました。お相手は周りからライバルだと言われることもある「りょうさん」です。yahooレートは1450だったかな(対局時)。私が1280なので差は明らかです^^;とはいうもの私のレートはここ半年くらい動いていないのであてにはなりませんが。まあ言えることは対局をしないとレートはあがらないということです。レートのために将棋をしているのではないのですけども。

りょうさんとはレートはこういう理由で離れていますが、さあ実力は??というと、いつもいい勝負です。私からすると、相性がいいほうだと思います。指していてやりやすいです。こういった相性というのはあるものですね。弱い人でも合わない人はいるものです。

ここのところ2連勝中。前回のものは過去にブログに掲載しております。

今回は時間もないということで長考派の私には不利な早ざしです。合計時間お互い11分ずつくらいしかありません。先手りょうさん、後手なおです。では棋譜をどうぞ。

・3手目:さっそく角道をとめます。居飛車党のりょうさんだが振り飛車なのか??
・4手目:それを見て早石田に。
・7手目:▲6七金??疑問手だと思ったが、どうやら△3六歩▲同歩△同飛▲3七歩△6六飛車からの急戦を避けたようです。わたしはこういうのやりませんけどね、あまり^^;

・19手目:しまった!と思いましたね。3五の歩が助からない。これは以前にもやられたミスです。で、△4三銀として歩をあきらめましたが、なんのことはない。△3六歩▲同歩△同飛▲3七歩△3四飛で大丈夫だったんですね^^;局後指摘されました。

・39手目:▲2六歩。悪手。△3五歩で銀が死にます。
・44手目:△4七銀。狙いの筋。△3六歩としていたら、▲3三歩打△同桂▲3六飛となって劣勢でした。
☆☆46手目:3四飛。上で説明したように、△3六歩▲3三歩打△同桂▲同桂△同飛となって▲6四桂!!が嫌でした。コメント求む!!正しい手だったのか??

☆54手目:△3六銀(疑問手)。次に▲4八歩とされて急がされました!!コメント求む。

結局69手のところで切れ負けです><。両者1分を切っていました。まあ後手優勢(勝勢??)なので良しとしますか。
このあとは、△7九角成▲同金(同玉??)△8四香▲8六歩△8七桂(同玉なら△6九龍)▲6八金△9九桂成とかなんとかで、勝勢ではないでしょうか。

全体的に良かった手、悪かった手を確認したいので、どちらもぜひぜひコメントください!!
46手目と、54手目のとこは特に聞きたいです(ほかにも悪手結構あったりして・・・^^;)


非常に残念。油断×2で惜敗・・・。ばかな序盤にて石田流組めず [・自戦譜(三間飛車)]

今日は珍しく少し早く家に帰れました。それでネットにて対局しましたのでそれを載せます。

今日は特にコメントを頂きたい棋譜になっています。
全50手の(掲載は40手目まで)短い力戦ですが、序盤ミスがあり一時劣勢に。
途中挽回したものの後半のミスで再逆転となっています。

特にコメント頂きたいのは最初のところのミスに関してと、最終局面にてどちらが優勢かということです。(実際にはその後10手指したところで切れ模様となり、また時間も切れて負けになりました。)

☆4手目・・・△6二銀。これにて石田流完成だ!と油断してしまいました。無念。

☆8手目・・・まさか△6五歩とくるとは。油断した。△6三銀だとばかり勝手に読んでいた。やはり勉強した定石すら忘れている。

☆27手目・・・▲6四角打と迷いましたが、大差なかったようです。

☆35手目・・・▲5八金。今考えると▲6八歩打のほうがよかったか?いやそれなら攻めに歩が使えないのでいまいちなのか?

☆37手目・・・▲8一馬。超油断。悪手。▲3八銀または▲4八銀しかなかった。

☆最終局面にて実際は長考した結果、▲5三桂不成△7八馬▲6二香成△同金▲4一桂成△同玉・・とのところで時間切れにて負け。
この局面6六の香車がとられたら負けなので、考えた手は、①5三桂不成 ②5三桂成 ③6八飛車打(これはだめだろう) あたりです。飛車がとられてもすぐには詰みそうにないとも思ったのですが、読みきれなくて攻め合いして失敗いたしました。

私としては▲5三桂成がよかったようにおもいます。

ご指導よろしくお願いいたします。いつもすいません。


梅雨入りみなさんお元気ですか [・自戦譜(三間飛車)]

みなさん暑くなりましたがいかがお過ごしですか??
梅雨入りしたこともあり、なんだか蒸し暑くなってきましたね。
仕事のほうが徐々に忙しくなりつつあり、ブログの更新もままならず(仕事のせいにしてるかな)
森信雄先生のようにたくさんの写真を載せたいと思っていても撮る機会がありません。。。
今日は先日のyahoo将棋での対局を載せたいと思います。

相手は挨拶道場のひろさん。レート1500~1800くらいでしょうか。
持ち時間は10分一手10秒追加です(つまり大体トータル17分くらいの持ち時間)
ではご覧ください。

結果としては切れ負けです。
その場にいたみなさんの総評としては先手優勢のようですが、どうでしょうか。

☆19手目▲6七銀としましたが角頭を守るためには仕方ないのでしょうか。いつも思うのですが、私としては▲5七銀として玉頭攻めや守りに使う動きをしたいのですが、△6五や7五歩が気になって6七銀としてしまうことが多いです。ご意見お願いします。

☆37手目に▲6五歩とついて勝負にでましたが、やはりいまいちなのではと今思いました。先に4七銀を入れておいて8六歩や3六歩の突き捨てをいれてから勝負だったようにも思います。
途中で△6五歩とこられても、▲同歩でなんともありませんね。対して△同桂馬なら▲2二角成△同玉▲6六角打ちにてゲームセットですか^^後になって気づくことが多いです。

その他お気づきの点ありましたらご意見ください。

それにしても持ち時間25分はないと足りませんね、僕にとっては。


今週の対局報告☆無理やりさばいて強引に [・自戦譜(三間飛車)]

今週は私にしては少し多めの対局数がこなせました。
とはいっても9局です。
結果はというと7勝1敗1引き分け(内容では勝ち直前でしたが相手の方が急いでいるようだったので。。。)
しかし簡単に喜ぶわけにもいきません。
自分より棋力が低い人ばかり選んだわけではないのですが、結局のところ私より格上の方はたぶん2人くらいであとは同じが下の方だったように思います。最初は苦戦してるなあ・・と思っていたり、きっと強い人なんだろうんなあと思っていても、途中で相手に悪手が出てきて、「あれ?もしかして格下??」という感じであれよというまに逆転勝ちというのが多かったです。

本日の対局も負けたものをのせようかと思ったのですが、明らかに自分のうっかり!ミスがありまして、検討するまでもなかったのでやめました。

それでは今回の棋譜です。
相手はyahooレート1300くらいだったかな。忘れました。時間は15分 一手ごとに10秒追加。切れ負けです。
先手私です。

先に一言でまとめておきますと、またしても序盤さばき損ねております。今考えると後手にもっと厳しい一手があったように思います。終盤は序盤に比べれば少しましで、厳しい手もあったようにおもいますがどうでしょうか。

ではどうぞ。

☆初手より20手くらいで、後手はなぜかヤグラ模様になります。私(先手)は振り飛車なのに・・混乱しつつ進めます。
☆24手目△5三銀としたとこは▲6五歩とするべきでしたか。急戦にこられました。油断
☆33手目からの連続の突き捨ては、その後△7六銀を誘ったものです。それなら▲9五角△6二金▲6六銀△9四歩なら▲7五銀→6四飛車でさばこうと思ってました。しかしなぜ39手目▲6九飛としたかというと、その瞬間△7六歩なら・・と思ってしまい焦って角道をあけたのでした。
その前に▲5五角と歩を取り損ねていますし(反省)。それ以前にこの構想じたい無理筋だった可能性大です。

結局は思い通りにさばけてラッキーでした。運のみです。

55手目▲8三歩は少し良い手だったかなと思いますどちらでとっても両取りがかかります。
58手目△7七歩成が敗着ではないでしょうか。遅いです。ここで△4三金などで銀を守っていたら難局でした。

最後は詰め将棋や次の一手の成果が出たような詰み手順でした。

ご感想ご意見いただけたらうれしいです。
序盤の悪手など特にご指摘お願いいたします。


研修医将棋順位戦第4局!!連敗は防げたのか [・自戦譜(三間飛車)]

今日は順位戦第4局が行われました。
今日の相手は私の次の優勝候補といわれていたKT君。
四間飛車を得意とし、完全な定石とまではいかないものの、基本的に守備的で駒組みが丁寧なところが特徴です。
私は相振りになると予想していたので石田流の予定でした。

では対局をどうぞ。(序盤の駒組みはもしかしたら手順前後あるかもしれません。憶え切れなかったので^^;  中盤以降重視で見てください)

振りゴマにより、先手KT君。またしても尚は後手です^^;
四間飛車でくると思いきや、私が3間にしたとこで3筋向かい飛車!!!
とっさの思いつきのようですが、以前ここから逆襲棒銀にて石田流崩壊した経験があります><
なので石田には組みませんでした。。。

KT君、居飛車はほとんどやらないので守備を知らないようでした^^;。ただ、状況をみて駒組みをしていきます。

21手目 23手目で先手逆襲棒銀の準備完了です!!しかし尚の陣形はまだ中途半端^^;どうしたものか・・・

33手目KT君の▲6七金は今考えると銀交換後の△4九銀(両取り)を防ぐ手だったか?。または飛車の転回も考慮した手か?はたまた動けない4七の銀に対し、今後5八銀と銀引く手を作った手なのか??

飛車を4筋に振るところで長考し、あとはノータイムで指しました^^44手目までは一気!

その後は65手目の▲4二金に対し同歩としなかったことくらいですかね、注意したのは。

序盤石田流に組めなかったので4間に振り直すところくらいが考えたところですか。
まあ相手が急戦で来なかったのでよかったです。KT君も慣れない居飛車でやったのが失敗だったかも。相振りのほうがもつれてたでしょうね。

これで尚は3勝1敗(残り1局)。一応首位ですが。

そして同率 Y君が3勝1敗(残り1局)で並んでいます。私は直接対決で勝ちましたが、Y君はさすが勝負師なだけあり、本番につよい!!^^

まとめ
Y君3勝1敗(残り1局)   H君1勝4敗(終了)      K君3勝2敗(終了)
K田君1勝2敗(残り2局)  KT君1勝2敗(残り2局)

ではでは最後に勝つのはだれなのかーー!乞うご期待


・自戦譜(三間飛車) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。