So-net無料ブログ作成
検索選択
・自戦譜(ハチワンシステム) ブログトップ

急戦、そして振り飛車、穴熊に、変幻自在のハチワンシステム完勝譜。 [・自戦譜(ハチワンシステム)]

2015/11/20再掲載です

先日書きましたハチワンシステムの記事がすごい閲覧数で驚いております。
たいした棋譜でないのに(ソフトがびっくりして変な手を指すもので棋譜が汚れてしまうのですよ)、反響がすごかったです。
ということで久々ですがまたハチワンシステムやってみました。


ハチワンシステムというのは詳しくは漫画ハチワンダイバー参照ですが・・・

ハチワンシステムは9巻で書かれています。
2015.11.23訂正正しくは10巻で登場します。


ハチワンダイバー 9【電子書籍】[ 柴田ヨクサル ]




1 急戦をにおわす(3筋から)。
2 居飛車雁木
3 振り飛車

これを組み合わせて序盤作戦勝ちを狙う戦法です。

私に限ると雁木が詳しくないため1と3が多くなります。
それでも居飛車をにおわせながら振り飛車にする。しかも3筋攻めを見せながら穴熊に組むといった小細工が出来ますので結構楽しい戦法ではあります。勝てるかどうかは別にしまして。

それではまあ見てください。またソフトが変な囲いやっていますがそれだけに圧勝という感じになりました。
棋譜から学べることは少ないかもしれませんが、ハチワンシステムに興味のあるかたの参考になればと思います。
そしてわたしよりもっとこのシステムを理解して教えてください^^;








2015/11/20 追記


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハチワンシステムのご紹介。居飛車振り飛車最強システム?? [・自戦譜(ハチワンシステム)]

みなさまこんばんは。最近忙しくて更新が遅れています。今日は以前遊びで行った棋譜の中から、ハチワンシステムを紹介したいと思います。
前回の紹介でも大変な好評ぶりで、すでに1000アクセスを達成しました^^;ありがとうございます。

ハチワンシステムの復習から。
1雁木
2振り飛車穴熊
3居飛車急戦
の3つを使い分けられる。

これに尽きます。

私は雁木が苦手でやることはほぼありませんが、出来ればよいですね。
しかし実際のところ勝率は振り飛車穴熊がよく、指しこなすのは大変難しいともいえます。

漫画では主人公の菅田は雁木をマスターしており、それがこの絶対的な条件になるのかもしれません。

ちなみにソフト相手でレベルはまちまちですが、勝率は2割以下です^^;しかも勝った対局のほとんどが振り飛車穴熊というのは私が指しなれているからだけでしょうか??
みなさまが練習してもっとすごいハチワンシステムを作り出すことを期待しています。

では棋譜をどうぞ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

漫画ハチワンダイバーでおなじみのハチワンシステムをやってみた。(たまたまはまっただけの将棋棋譜) [・自戦譜(ハチワンシステム)]

本日はちょっとおもしろいお遊びの棋譜を紹介します。
漫画ハチワンダイバーはご存知でしょうか??
将棋の面白さ、奥深さ、そして勢い!!をみごとに表現した最高の漫画です。

そのハチワンダイバーの中で主人公菅田が編み出した独自戦法
「ハチワンシステム!!」

居飛車振り飛車そして急戦と対応するその姿に感動した方も多いのではないでしょうか?
私もその一人です[わーい(嬉しい顔)]
しかししかしこれがまたやってみると・・

難しい・・・・・[バッド(下向き矢印)]

まあ漫画での話ですから当たり前かもしれませんがね。でも監修にプロ棋士も加わっている漫画ですから、試してみたくなりますよね。ということでやってみました。はじめてうまくいった棋譜です。

ちなみにこの数倍も負けていますのでこのシステムを過信しないように。
ではどうぞ。



3筋からの攻めだけでいってみましたがこれは少し無理筋のようです。この場合2筋からの普通の居飛車にするとけっこういけそうですが。何かの参考になれば幸いです。
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
・自戦譜(ハチワンシステム) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。