So-net無料ブログ作成
☆振り飛車論考 ブログトップ

最近の振り飛車事情 3 [☆振り飛車論考]

ここまで角筋を止める振り飛車の欠点ばかり書いてきたが、ちょっとけなしすぎたかな??と反省している^^;

ではなぜ今 先手石田流で後手中飛車なのか。

私が知る限りの角交換型振り飛車を書いてみる。

1:石田流
2:ゴキゲン中飛車

3:先手中飛車(鈴木先生はパワー中飛車とか命名しているが)

4:角交換四間飛車(ダイレクト四間飛車ともいう。ここでは美濃囲いに囲うものをこう呼ぶことにする)
5:角交換四間飛車穴熊(レグスペと東大将棋部が名づけていた)
6:4手目33角戦法
7:端歩突きこし戦法(マイナーだな)
8:ダイレクト向かい飛車

上のようにたくさん書いてみたが3つの種類に分けてみた。
基本的に2、4~8は後手番での作戦である。
つまりこの中で先手で選べるものは1の石田流と3のパワー中飛車(分かりやすくこう呼ぶことにする)のみである。

石田流は先手でありながら、7筋の歩を伸ばし、74歩からの攻め筋を見せた攻撃的な作戦である。また相手の作戦に応じて角筋を止める石田流本組みと止めない石田流を選ぶことができる。どちらも優秀である。欠点としては穴熊には囲いにくいことか。もちろん囲う場合もあるが、浮き飛車とのバランスを考えるとやや相性が悪い。先手石田流の利点として、相振りにも互角に戦えるということがある。近年居飛車党も振り飛車党の作戦によっては相振りを選択することが増えてきているため、この点はとても重要。

パワー中飛車。先手中飛車のことだが、これは超攻撃的である。相手の出だしによっては後手ゴキゲン中飛車と合流することも出来る。実際先手中飛車対後手居飛車の対抗系の勝率はプロ間では7割くらいあるらしい。本当だろうか??^^;それならこれを主力にしたらと思うのだが、ここでもネックは相振りの存在である。現在56歩から先に57銀としてから向かい飛車に振りなおす作戦が紹介されているが、実際に後手の三間飛車(が最も多いと思う)に実戦的には非常に勝ちにくい。居飛車党も先手中飛車に対しては相振りを選ぶことが多い。おしいところである。相振りに対する作戦をもっと練ってもらいところ。

2のゴキゲン中飛車。これは説明するまでもない優秀な作戦。角筋を通して先手の居飛車穴熊を警戒しつつ、5筋からそして8筋からも攻める筋がある。後手番なので相振り対策はいらない(当たり前だが、相振りだと分かれば4手目に54歩とは突かないのでゴキゲン中飛車にはならない)。弱点は唯一左金の使い方だろうか。私もそれが下手糞なために、この作戦を主力にしないでいるのだ^^;ここはだれか教えてほしいところだ。守りが基本的に片美濃なのでうまい受けが必要になるのだが、早指しが多いアマチュアのネット対局ではどうかなあと思うこともある。アマチュアの早指しではやはり固さがものをいう展開が多い。

4~8の作戦
すべてまあ同じである。角を手持ちにできるという点は同じであり、普通の振り飛車よりも破壊力がある。5のレグスペは穴熊に囲うので優秀だと思う。しかし前回も書いたように攻め筋が8筋からの85桂ポンと86歩からの飛車交換しかないので相手に読まれやすい。ゴキゲン中飛車も場合によって合流することがあるために、簡単に言うならばゴキゲン中飛車の従兄弟といった印象。ならばゴキゲン中飛車を指したらよいと思う。何度もいうがレグスペの穴熊であれば利点はあると思うが。。。

今まで書いたことをまとめると
先手
石田流>先手中飛車・・相振りの関係から
後手
ゴキ中>>レグスペ>その他の角交換振り飛車・・だいたいがゴキ中に含まれる。5筋からも攻めれるのが大きい。

ということで現在の流れは出来上がったと考えられます。まあアマチュアの将棋という目線で書いたのでプロとは少し異なると思いますが。

ではなぜ私が先手中飛車後手ゴキ中でなくて後手レグスペor後手普通の四間飛車穴熊にするかというと・・・・・・・

中飛車が下手糞だから^^;受けがへたくそで、負けるとき大差になるんですよねー。だれか教えてください。最後こんなオチになってしまって残念。

最近の振り飛車事情はこれで一旦終了!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の振り飛車事情 2 [☆振り飛車論考]

前回の話で、私は四間飛車穴熊を後手番のみに限定しようかと考えていると書いた。これにはもちろん理由がある。

現代振り飛車で最も多いのが先手石田流後手ゴキ中という組み合わせ。もちろんこれが流行っていることにも理由がある。

まず今さらという感じもするが、角筋を止める止めないといった基本的な問題について書いてみる。角筋を止めないといけない振り飛車はどう考えても居飛車に対して損である。理由はたくさんある。思いつく限り書いてみようか。自分の頭の整理のためにも。

1:66歩77角の二手に加えて、反撃の65歩とまあ数手損している。角が上がると角頭を攻める筋が生じる。というか振り飛車対居飛車の対抗系というのはすべて角の頭を焦点にした戦いの歴史である。棒銀も斜め棒銀もそうである。

2:角筋を止めたことにより、振り飛車からの反撃は基本的に65歩くらいしか無い。もしくは88飛からの飛車交換。
反撃する手段に乏しい。一方ゴキゲン中飛車や石田流は角を使った攻めプラス54歩や74歩といった飛車先の歩を突く攻めがある。

3:これは特にアマチュアに言える話。上の2にも関連してくるのだが、反撃する手段に乏しい。つまりそれは相手の狙いを外す手を指しにくい。相手の狙っている定跡形を外すことが難しい。具体的に説明すると、こういうことだ。例えば相居飛車の定跡勉強に忙しく、振り飛車対策を棒銀しか持っていない居飛車党のアマチュアがいたとしよう。相手は棒銀しか知らない。しかしその棒銀の定跡に関しては完璧にマスターしている。そういうアマチュアと対局した場合、アマチュア振り飛車の方は非常に厳しい戦いになると思う。振り飛車からすると、棒銀、斜め棒銀、早仕掛け、左美濃に銀冠、穴熊とまあ多くの戦形を勉強せねばならない。特に棒銀といった一部の人しか用いない作戦に関しては全ての変化を覚えているとは決していえない。
つまり押しなべてひろく勉強しているアマチュア振り飛車の方は、もしかしたら自分よりも弱いにもかかわらず棒銀のみ完璧にマスターしている居飛車党の相手に負けることになる。棒銀を選ぶその選択権を持つのは居飛車党。こちらはそれをただ受け続けるだけなのである。一手でも間違うと負ける。これではミスをするのは当然だと思う。以前であれば美濃囲いでなんとか逆転していたであろうが、現在はそうもいかない。
棒銀で押さえ込まれたときに相手の知る定跡を外す手がない。角を手持ちにしていればそれは可能かもしれない。中飛車のように54歩!!と突ければ流れが変わるかもしれない。しかしそれが無理なのである。少々長くなったがこれが今回書きたかったことなので仕方ないか。

4:先手オーソドックスな振り飛車に対しては後手三間での対抗が多い。以前ではこちらは向かい飛車に構えてやれるという話だったが、私自身非常に勝率が悪い印象だ。ちなみに典型的な作戦負けの棋譜をいずれ掲載する予定。向かい飛車の攻めは確実だが、遅い。アマチュアでは先に攻められて崩されてしまうことも多い。また、ちなみに矢倉に囲って作戦勝ちというのも実際は疑問。私自身ほとんど矢倉は使わない。相手の飛車を圧迫する間に陣形の隙を突かれて崩壊することが多い。プロやアマ高段者でないと確実な作戦とはいえないと思う。ちょっと話がそれたが、先手も三間飛車が有効だと考え直されているのが実情。角筋を止めてから石田流にももちろん出来る。しかしそれならば普通に石田流を選択し、相手の作戦を見ながら選べたほうがよい。

いろいろ書いたが、角筋を止めることの利点というものがほとんど無い。捌きの勉強のためにオーソドックス振り飛車を勉強するのは良いが、実戦的ではないと思う。

次は角交換型の振り飛車の中でなぜ今は先手石田流後手ゴキゲン中飛車なのか考えてみる。とくにアマチュアにとってそれが有効なのかどうかも検討しよう。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の振り飛車事情 1 [☆振り飛車論考]

最近になって私も自分の振り飛車を見直す時期がやってきたと感じている。定期的にやってくるのだが。
多くのプロ棋士がすでに実践しているように現代振り飛車は先手石田流後手ゴキゲン中飛車という流れに飲み込まれている。

そんな中私が最近使用しているのは先手後手ともにオーソドックスな四間飛車穴熊。廣瀬流といえば格好が良いがそこまで指しこなせているわけではない。どうしてこうなったのかというと単純に勝ちやすいから。穴熊嫌いだった私が穴熊を指しだしてからもう2年ほどになっただろうか。
そもそも私は将棋を始めた頃石田流を愛用していた。石田流は優秀で、級位者に対しては攻めつぶして圧勝することも多々ある。しかし私の棋力が上がってきて、対局相手のレベルも上がってくるとそう簡単には勝てなくなってきた。当時に苦戦したのは棒金と穴熊。棒金で押さえ込まれたことも多くあったが、穴熊に囲われて逆転負けもしくは指し切りという経験を多くしたものだ。
今でこそ棒金には対策があって、私も大して苦手には思っていないが、今でもやはり居飛車穴熊は大敵である。
そんなこんなで、違う振り飛車をやろうと思い、ゴキゲン中飛車、角交換型四間飛車など今では基本的な角筋ノンストップの振り飛車をやっていた時期があった。

私の記憶では、その頃勝率が高かったのは角交換型四間飛車穴熊、通称レグスペと東大将棋部が付けた作戦であった。穴熊の固さと角を手持ちにするという攻撃力を相持った優秀な作戦だと思う。今でもそう思っている。しかしこの作戦にも弱点があって、有名な85桂ポンくらいしか攻め手が無いのである。もしくは角を46や56に打って飛車のコビンを狙うというくらいか。結論から言うとお互いに最善を尽くすと振り飛車側が手詰まりになりやすいと思う。また桂馬を跳ねてしまう形も多く、そうすると桂頭を狙われる筋がどうしても生じる。美濃囲いに囲う場合もあるが、私はたいてい穴熊である。実際、実戦的には穴熊の固さにものをいわせて逆転勝ちが多かった。初段くらいまでならばこの作戦は優秀だと自信を持って言える。

私が優秀だと思いながらこの角交換型四間飛車穴熊をやらなくなったのはその作戦に問題があったというだけではない。穴熊を指しすぎて、美濃囲いでの戦い方を忘れてしまったのだ。簡単に言うならば将棋が雑になっていたということ。現代の穴熊は穴熊といえども丁寧な指し回しが要求される。将棋を一から見直すために私はオーソドックスな四間飛車を指すようになった。そのうち美濃囲いをやめ、今の四間飛車穴熊に落ち着いたわけだ。ちょうど廣瀬プロの活躍も同時期で、勉強できる棋譜が多かったのも私を後押しした。

この四間飛車穴熊は優秀である。しかしそれでも私は今後は四間飛車穴熊は使っても後手番のみにしようと考え始めている。続きはまた次回。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今時の振り飛車ばかりやっていると下手になる??? [☆振り飛車論考]

今日は思ったことをちょっとだけ。

最近振り飛車といってもゴキゲンや角交換ばかりです。と言っている私も角交換四間はやっていますが。

思うのですけど、ゴキゲンというのは普通の振り飛車とは全く違うものと考えています。なんというか角換わりの将棋の要素があるというか、なんというか。簡単に言うと、捌いて捌いて振り飛車優勢といった流れには意外とならないということ。飛車をあらゆる筋に振って捌いていく将棋とは全く違うものになります。適当に捌いても囲いが薄いのでそれでは勝てません。

勝ちやすいとはいうものの、その考え方は従来の振り飛車とは異なるものだと思います。

私も何度もゴキゲンを勉強してきましたが、主戦法にはなっておりません。

私は従来の振り飛車のほうがあっているような気がしています。最近では主戦法だった角交換四間穴熊も減ってきて、普通の四間穴熊が多くなっています。
急戦には普通の美濃にします。なんというか昔の振り飛車が楽しい今日この頃。

森けい二先生の必勝四間飛車を並べていますが、大変勉強になります。こういう捌き方が振り飛車ですなあ。

普通の振り飛車やってるとなんだか将棋の勉強になっている気がするのです。


今日はおわり。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

王座戦に対して遅ればせながら一言 [☆振り飛車論考]

記事が遅れてしまいましたが、羽生さんが藤井先生に3連勝で勝ち王座船19連勝、19連覇の偉業を達成しました。この記録は不滅でしょう。誰にも抜けない。

このたびの王座戦での注目はなんといっても久々の藤井先生のタイトル戦にありました。さらに言うならば居飛車振り飛車オールラウンダーとなった新生藤井の本領をみたいところでした。
しかし結果は惨敗。

これは羽生さんの強さを褒めるしかないでしょう。確かに羽生さんも終盤の切れ味は多少以前よりは落ちているのかもしれません(とはいってもほかの羽生世代の力の落ち方ほどではありません)、それでも序盤中盤終盤どこにも付け入る隙がなかった印象です。

藤井先生の作戦も三戦とも違いましたし、どちらかというと趣向を凝らした手順が多かったようにおもいます。そうしなければ勝てないと思わせる羽生さんのオーラですでに勝敗は決まっていたのでしょうか。

こうなったらもはや正統派真っ向勝負でいくしかないのでしょうかね。。。逆に。

藤井先生が次のタイトル戦挑戦者となることに期待します。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日は簡単に振り飛車論考 [☆振り飛車論考]

最近も相変わらず対局数は伸ばせず、成長もなし^^;
まあ仕方ないですね。

ただ、ここ最近ではアマチュアの早指しでは最善手を考えつつも、真剣に近い考え方というか、勝つための手というのもありかなあとか思っています。最善手よりも勝ちやすい手とか、相手が間違えそうな手とかね。
だから無理気味でも気合を通した乱戦も面白いときもあります。

きちんと感想戦で反省しないといけないのは当然ですが。


振り飛車について。
最近普通の振り飛車が復活傾向??中村亮介五段も本を出すようですしね。

ただし角道止めない振り飛車が主流。

今思うところ。
普通の振り飛車にしないなら、先手ならば石田流か。先手中飛車はやはり相振りにされると損だと思う。そこそこやれるとは思うが決して後手三間に対して指しやすい状況ではない。アマチュアでは特に。
後手ならば何だろうか。3三角戦法は結構やったが今はやらない。どうしても同桂馬の形が悪い。角交換型四間のほうが手広い。プロならば一手の損がいやなので無理にでも向かい飛車にしたいところだろうが、アマチュアではそこまでの差は無いと思う。端歩突きこし振り飛車はやってみたが、まだよくわからない。確かに端の位はいきた(前回紹介の棋譜)。でも勝率があがる作戦かどうかは不明。後手ならもちろんゴキゲン中飛車だろうが、私は最近やっていない。どうも指しこなせていないのだ。左金のひきつけ方、または底歩で防波堤を作るなど、分かっているが実際には出来ていない。なので角交換型四間におちつくことが多い。

今日のところはこんなもんで。おしまい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

近況報告と振り飛車論考 [☆振り飛車論考]

とうとう手術の日が近づいてきました。仕事もひと段落しました。というか間に合わないものはあきらめたのですがね^^;不満は今日は書きませんよ。

仕事も飲み会も入院までに一通りすませとかないとね!!^^

将棋ですが、へたくそになってきてますねえ。本で読んでいてもうまくはならんという良い見本ですわ。
先日将棋やったのですが、棋譜をなくしたので掲載できません。また書きます。


最近中飛車を勉強してきました。一通りの流れは勉強したのですが、いざやってみると、なんと急戦によわい!!^^;下位者の棒銀とかで苦労したりします。
受けがへたくそなのかなあ・・・
確かに今まではある程度堅陣を武器にやってきたので、中飛車の受けは少し感覚が違いますよね。

ネット将棋に限っての話かもしれませんが、やはり早指しでは中飛車は損かもしれません。もう少し堅い囲いのほうが良いのかも。少なくとも私レベルでは。

中飛車に関して、ひとつの問題は相振り飛車。ひとつの形を鈴木八段が紹介していましたが、それでも苦戦は免れませんね。私の棋譜でもありますので見てみてください。はまればうまくいきますが、失敗すると最悪。

先日何かの棋戦で久保さんが渡辺さんに完敗してましたよ。相振りで。。。。
これを見てからやっぱり苦しいのかなーという意識がぬぐえませんね。



それと今思い出したことをひとつ。
初手76歩に34歩ときたとき、一手手待ちをする場合、16歩か96歩かという問題。
鈴木八段はじめ、16歩が多いのです。

次に15歩と伸ばす端歩突き越し戦法もありますが、利点は何だろう??と考えていましたが、この前本を読んでいて見つけました。遅いって??

確かゴキゲン中飛車の佐藤流だっけかなんだっけか??の変化のときに役立つ端歩だったような・・・・
すでに忘れていますが^^;

でも16歩の利点は
後手がアナグマに組みにくい。

欠点は
相振り飛車のときに損。
こちらもアナグマに組みにくい。気分的に。

逆に96歩の利点は
相振りのときには損にならない。
振り飛車としては角を出る手が可能になる。損にはならない。


プロ的には16歩なのかもしれませんが、アマチュアでは96歩が幅広く有効だと考えているのです。
まあ自身をもって66歩と普通の振り飛車にしてしまえば関係ないのですがねー。


今日はここまで。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

振り飛車論考 [☆振り飛車論考]

最近将棋を指す機会が減っているのですが、将棋世界など本を読むことは出来ています。
ここらでまた振り飛車について思うところを書いてみます。

今までの話の流れ(考えてきた流れ)では振り飛車は捌くのに腕力が必要。プロレベルでは振り飛車やや不利と考えているのでは??と思ってきました。

実際、振り飛車党の多くが中飛車頼りになってきていますし。
ただトッププロに振り飛車党が減っているために、そう思えるのかもしれません。ということで戸辺さんや広瀬さんを始め、若手の振り飛車党に期待!

ただ広瀬さんはあれほどの勝率を残しつつも四間アナグマは後手番の戦法だと思い始めているよう。実際中飛車を使うことも増えています。

居飛車と振り飛車どっちがすぐれているか??についての答えはまた先延ばしにして、最近気づいたことを書きます。


将棋年鑑を毎年買って、棋譜を並べているのですが、最近女流棋士のものを並べています。
男性棋士と比べれば差は歴然なのですが、アマチュアにとってはうまいのはかわりありません。
女流の棋譜をみてみると、アマチュア同様なんと振り飛車の多いことか!!
しかもですよ、勝率が振り飛車5割こえてるんです(あくまで将棋名鑑に掲載の棋戦中心のものですが)。女流のトップには振り飛車党が多いこともあげられるのですが、これはアマチュアレベルでは振り飛車やれるということではないでしょうか??

わたしたちアマチュアは将棋の真実は知りたいけれども、しょせんトッププロと指す将棋の質が違います。それならばアマチュアは振り飛車やるべきなのではないでしょうか??
振り飛車でもいけるんではないでしょうか??

最近ふと思ったことです。また続きを書きます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

将棋論考(振り飛車は得か損か) [☆振り飛車論考]

こんにちは。今週はお盆休みを取れました。親戚が来たり妹が来たり忙しいです。

数ヶ月前に車を買う!!と意気込んでいたのですが、実はすでに・・・
買ってます^^

そのお話はまた次回。


今日は時間も無いのでさらっと最近将棋について思うこと(とくに振り飛車について)書きます。
振り飛車で最近採用しているのは後手番では3三角戦法、角交換四間飛車です。非常に優秀で、この作戦の優秀なところは角を交換することで穴熊にするところを急襲できること、また、角交換を早めにすることで(2二同銀と取らせる)先手の急戦を防げることにあります。穴熊にもしづらい利点や、急戦にしづらいならこちらは穴熊に囲うといった使い方が有効なのではないでしょうか。

同様に考えると今採用はしていないのですが後手ゴキゲン中飛車も有効だと最近思うようになってきました。

後手のこのような作戦は居飛車の出方を見ながら立てられますから、相振りにも対応できます。だから後手中飛車で相振りで困ることはないはずです(だって先手が振り飛車にすればこちらは中飛車にはしないですから)。

後手ながら角筋を止める一手を省いているのも得です。


問題は先手。

先手では普通の四間飛車穴熊の採用が多いです。

いまだに先手では振り飛車は少し損なのかなーとか考えてしまいます。飛車を振る一手が居飛車よりも絶対に損になります。昔は振り飛車で飛車を振る意味は美濃囲いに囲うためということでした。つまり居飛車よりも固いのだから一手損くらい関係ないということだったのです。

しかし実際どうでしょうか??美濃対左美濃 振り飛車穴熊対居飛車穴熊。同じ形になったとき、固さが同じならばやはり振り飛車は一手損ということになります。現在は後手で手損するといった少し考え方が変わってきていますから一概に言えないところですが、一般的に考えて手損は手損です。

ここで振り飛車の得を見出そうとするならば、居飛車の囲いには角が邪魔になるということ(振り飛車ほど楽には囲えない)くらいでしょうか。その分振り飛車の角頭も負担になるわけで、イーブンではないでしょうか??やはり少し損な気もします。

以上の結論から、先手▲7六歩△3四歩▲1六歩または▲9六歩という手もあります。私は▲9六歩のほうを多く採用していますが、これは角の使い道からして損にはならないからです。▲1六歩の場合は相手が居飛車穴熊に囲いにくい、またこちらとしては美濃囲いなので損にはならないというのが意味でしょうか。鈴木大介先生が時々用いていますね。

これだと前述したような後手番になりますから角交換型の将棋にします。しかし一個だけ問題点が。
相振りです。

▲7六歩△3四歩▲9六歩△3五歩(ここで△3二飛は少し危険で次回棋譜を掲載して説明いたします。)とされると次にどうするか迷います。安全に行くなら▲6八飛車ですが相振りでは定石化されていないのでまだ未知数。四間飛車は相振りには損というのが今のところの結論です(今プロが色々挑戦しているようですね)。▲7八飛車は乱戦になりますし(詳しく考えてないですがどうみても損)、端歩が効いてこない可能性がある。また▲8八飛でも△3六歩からの乱戦になります。

先手を持っているのに飛び込む変化ではないものが多いのです。アマチュアで相手が初対局ばかり、居飛車振り飛車が分からない場合これは危険な順ではないでしょうか??(相手が分かっているプロならありかもしれませんが)。

というわけで先手ならゴキゲン中飛車も採用していたのですが、これはこれで相振りで結構苦しみます。鈴木八段は中飛車でもやれると紙面で書いていましたが。。。

なので結論四間穴熊・・・^^;


今ちょっといい考えが浮かびそうなとこですがまあこういうことをずーーーっと昔から考え続けているのです。もう少し将棋の腕力が上がったらこんな事は全く問題なくなりそうなのですが。
つまり、うだうだいわずに勉強しろってことですね^^
みなさまのご意見もお教えください。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

現在の振り飛車について一言。 [☆振り飛車論考]

先日購入した今月号の将棋世界より・・・・

読者の声のコーナー(と金パーク?)で、こういうものがありました

「現在は藤井先生も久保先生も居飛車を指したりしている、しかも見ればゴキゲンやら角交換が多く、力戦形ばかり。角筋を止める振り飛車はどうなってしまったのか。。。と思っているところに、3手目6六歩!いるではないか、生粋の振り飛車を普通に指している人が。そう廣瀬五段が。」(要約です)

これは広瀬五段のブログにも本人のコメントが載っています。↓

広瀬五段のブログ

そうなんですよ。これ私も同じように思っていたのです。だから最近では広瀬五段の棋譜を調べて並べてばかりいるのです。自分の勉強もありますが、普通の振り飛車がやれる!(広瀬五段だからやれるとも言えるが)と思わせてくれるために、うれしくなるのです。

もっと振り飛車党が上位クラスに上がってもらって、居飛車党をばったばったと切り捨てる姿が見れたらいいのになあ、と思っています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の振り飛車事情。振り飛車はどうやっても不利飛車なのか?? [☆振り飛車論考]

長期出張より帰ってきました。尚です[手(チョキ)]

さっそく今日は思いつくがままに振り飛車について考えてみます。
但し、アマチュアの振り飛車だけに言える内容も含まれています。

従来の角道を止める振り飛車が居飛車よりもやや損だと考えられている今日この頃ですがそれはなぜでしょうか?

単純に言うなれば振り飛車は待ってカウンターというのが基本でした。少しくらいの劣勢は美濃囲いの固さで逆転できる。
しかし最近では待っていれば相手に穴熊に囲われてしまうのです。かといって急戦をしかけると美濃の固さは生かせませんし、居飛車の攻撃力にやられてしまうことも多いはず。

もっと考えてみましょう。

①▲6六歩~▲6五歩の二手が手損なのでは?・・・

これは最近の角道を止めない振り飛車の流行ようを考えると大きいと思います。しかしプロレベルで言えばそうかもしれませんがアマチュアではどうでしょうか?もともと振り飛車は待つ戦法なのですから、穴熊以外であれば、別に手損はたいした問題ではないかもしれません。穴熊であれば2手損がひびくかもしれませんが。

②飛車を振る一手が手損・・・

これを言われるとどうしようもないのですが、それなら角道を開ける一手の7六歩を利用した三間飛車ならそれほどの損にはならないはずですね。ということで極めれば早石田ならありということでしょう。(但しアマチュアには微妙な戦法。極めない限り、力戦になり、こなしきれない人も多そうです)

③!!振り飛車では必須の7七角問題・・・

これは最近私が思うアマチュアに限った問題です。振り飛車で7七角としない将棋はほとんどありません。しかしこの角頭を狙って居飛車は動きます。定石にそこまで詳しくないアマチュアが戦った場合、居飛車対振り飛車の序盤の局面で、素人でも振り飛車の角の頭を狙おう!という発想にはたどり着くはずです。そこからの攻め方はけっこうその場で考えても意外と攻めれます。つまり攻めている居飛車からすると攻めの流れを考えやすいといえると思います。
逆に振り飛車はどうでしょうか?角頭を中心にうまく序盤は受けなければなりません。しかもチャンスが来るまで基本的に待たなくてはなりません(従来の振り飛車)。そこでスキを見せると居飛車につけ込まれます。かといってどのタイミングでカウンターするかというのも結構難しい問題。
捌ききるというのは腕力がいるのです(森先生談)。
簡単に言うと、居飛車のほうが間違えにくい。振り飛車は間違えやすい(というか正着を見つけにくい)。となるのではないでしょうか?

ネットで読んだのですが藤井先生も「普通の振り飛車はもうやらない」と言ったとか言わないとか・・・(本当ですか?第一人者が言ったのならこれは大問題ですが)

プロでもアマチュアでも上位対決になると振り飛車が負けるケースをよくみます。私もまだ振り飛車の行き着く答えを見出せずにいます。
そんなこんなを考えながら、それでも「僕レベルだったら、関係ない話かなあー。もっと強くなってから言うことかもなあ。振り飛車か居飛車かなんて・・・詰め将棋やろ」と答えは明日に持ち越しの毎日なのでした。

みなさまはどうお考えですか?[ぴかぴか(新しい)]


アマチュアにおける囲いの話~美濃と穴熊~ [☆振り飛車論考]

名古屋への出張から帰り、体調もいまいち、疲れもとびきりの尚です。

先日アマチュアとプロをふまえた上での戦法の話をいたしました。
本日は囲いにおけるアマチュアとプロの違いを考えてみます。

私は何度も言っていますが、プロとアマチュアは全く別のもので、将棋といっても全く別のものを行っている(別の世界の話)であると思っています。プロ界での話や常識、流行、考え方といったものはアマチュアに流れてくるものです。しかしあくまでソレは数%の話です。

この話はまた別の機会にしまして、今回は囲いの話。

振り飛車を愛用している私にとって、多くの場合は美濃囲いを選択します。美濃囲いは非常に優秀です。しかし穴熊が流行りだしてからはその強固さでは押されています。

プロにとっての囲いの固さの考え方というのは、プロでは終盤戦での力の差が大きくないことに起因すると思います。アマチュアであれば序盤が得意な人、終盤が得意な人、それぞれの分野ごとに力の差が大きいものです。
しかしプロともなると力の差は50歩100歩であり、終盤での確実な場面ではほとんどのプロが間違いません。
つまり力の差がアマチュアよりも小さいということを踏まえたうえで、終盤に少しでも固い囲いのほうが、有利という考え方があると思います。

これはもちろんアマチュアにも当てはまることなのですが(固いほうが終盤に有利)、アマチュアの場合、玉の固さというものはそれ以外のポイントがあります。

それは・・・

「アマチュアは間違える!!」

もちろんプロだって間違えますよ。でも、大きなポカはごくまれなことでしょう。間違えるといっても次善手であったり、3番手であったりくらいのものです。しかしアマチュアはびっくりするようなミスをするのですよ。

大ゴマをタダでとられたり、即詰みなのを見逃したり、自玉の即詰みを見逃したり。

このポカの多さがアマチュアとプロとの違いだと思っています。プロは最善手に近い手をある程度の高レベルで保つことができます。アマチュアは最善手を指したと思ったら悪手を指し、また最善手を指したり、、、安定性がないのです。

こういうポカがあるアマチュアの場合、穴熊以外の囲いを考えて見て下さい。一手の見過ごしで一気に崩壊する筋があるのです。
ここが重要!!

では穴熊はどうかというと、一部の危険なポイントを除いて、一発で崩壊することはまれです。しかも、一手遅れても「王手がかからない!!」つまり一気に詰まされることは少ないのです。
また、穴熊玉は攻めに対して受けるポイントがしぼりやすいこともあげられます。振り飛車穴熊の場合攻められるのは上(端か2筋)か左かの2択(3択かな)です。しかし美濃囲いや矢倉の場合、端攻め、3筋攻め、2筋攻め、横からの攻めに、また斜めの攻めも強力ですし、パターンが多すぎます。そうするとどこか一箇所でも読み抜けがある確率が上がります。

何が言いたいかというと、受けが弱いアマチュアの場合、受けの読み抜けが起こりやすいということです。これがアマチュアでは思わぬ逆転が多い理由なのでしょう。そこで受けるパターン、方向がより単純化されていて、しかも王手がかからない穴熊がアマチュアでは有効であると思うのです。

もちろん穴熊でもしょぼしょぼの穴熊もありますし(私もそうですが)練習が必要なのは間違いありませんけどね。

賛否両論あると思いますが、次回、私の大逆転を喫した大ポカの棋譜を載せます。悔しいですが、これも実力ですからね。
ご期待ください^^;

現在の振り飛車論~プロとアマチュアの違いも含めて~ [☆振り飛車論考]

こんばんは 尚です。
私が将棋を再開してから4年半近く経とうとしています。もともと居飛車党で子供の頃から振り飛車は指した事がありませんでした。
そんな私も振り飛車に転向してからもう4年近く経ちました。今では居飛車を指す事はありません。

初めはあんじゅさんより純粋な四間飛車を習い、独自に勉強した結果石田流にたどり着きました。
しかし今では四間飛車を多く指しています。

最近では振り飛車の考え方も変わってきました。単純に穴熊に組まれると難しいということもあります(アマでもプロでも)。
しかもアマチュアにおいてはもともと居飛車対振り飛車というのは振り飛車側が序盤で若干劣勢になることが多いように思います(同じレベルの相手の場合)。そこを美濃囲いの固さの差で中盤から終盤に逆転というのが多い流れのようです。

そう振り飛車を捌ききるのには「腕力がいる!」のです(森七段談)

そもそも振り飛車側が厳しいという対局前の前提として私は理解した上で飛車を振ります。
それは振り飛車が美しく、そして優秀と信じたいから。

本題に入りますが、振り飛車は居飛穴の登場によって、序盤の駒組みが変わりました。振り飛車が飛車を振って美濃に囲う。ここまでで20手前後かかります。この中で省略できる一手は何か??

藤井システムの場合、玉を2八まで囲うのを省略しています。これはこれで優秀なのですが、やはりアマチュアであれば玉形の差で負けることも多いようです。何よりシステムの完全理解が難しい。

そこでプロも考えたのが6六歩~6五歩の突き出しの2手が損なのではないか?これはゴキゲン中飛車に現れました。この角筋止めない振り飛車は非常に優秀で、居飛車は角筋を通して、振り飛車は止めるといった概念を変えました。
ここで注意しなければならないのが振り飛車側の囲い方です。角交換後に角を打たれる筋を消しておかねばなりません。

そのため一番有効なのが中飛車です。ただ問題は相振り飛車にされたときにやや損だと私は考えています。

三間飛車や向かい飛車(途中下車しない一発向かい飛車のことです)では角を4五や6五に打たれる筋が残ります。
ということで残ったのが四間飛車です。私も採用していますが。

後手番ならばゴキゲン中飛車や四間飛車は私は十分やれると思っています。しかし先手ではどうでしょうか??四間飛車に振った後に相振り飛車にされては四間飛車側が損です。なのでいきなり2手目で8四歩をついてくれるとありがたいのですが。

つまり今の課題は▲7四歩△3四歩となったときに▲6四歩と止めるしかないところですね(従来の振り飛車のままです)。
全く策が無いわけではないですが、角筋を止めないその他の戦法では(たとえば鬼殺し向かい飛車など)乱戦になります。私は力戦あまり好きではないので採用をためらわれます。
つまり先手での作戦が得に思いつかないのです。まあそれでもアマチュアレベルなら勝率そこそこなので良いのかもしれませんが。上を目指そうとおもったらこのままでは厳しいかもしれません。

色々書きましたが、実際プロ間でも中飛車以外の振り飛車は衰退傾向にあります。しかしきっと何か手があるはずなのです。
それを信じて私は今日も研究を続けています。
長文お付き合いありがとうございました。
☆振り飛車論考 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。