So-net無料ブログ作成
検索選択
・自戦譜(向かい飛車) ブログトップ

角交換向かい飛車 中盤からは圧勝。 [・自戦譜(向かい飛車)]

いつもどおりソフトとお遊び。これは少し前にやった対局で、まだぴよ将棋もレベル4ですね。
あまり強くないです。とくに序盤
終盤は強い。

向かい飛車からちょっとかわった形になりました。コーヤン流というかなんというか玉頭を厚くするタイプになりました。序盤の駒組みの順番間違いで結構ひやひやですが。




破壊力抜群! 角道オープン向かい飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)


ダイレクト向かい飛車 最新実戦ガイド (マイナビ将棋BOOKS)


いますぐ指そうダイレクト向かい飛車(将棋世界2015年02月号付録)


向かい飛車から中飛車。一気に攻め潰し。勝つ時はこういう感じ。 [・自戦譜(向かい飛車)]

ソフトとの対局ばかりなのでいまいちな棋譜しかございません。
それでも将棋ブログと言っている以上はたまには載せねばなりません^^;

そろそろ将棋サイトを決めて、対人対局をやりたいところですが、壁がたくさん・・・
1:仕事が忙しい
はい、これいつも言ってますよね。しつこいって??でも本当に暇ではないです。

2:子どものお世話
たいして、やってないと妻に怒られそうですが、それでも夜の9時から毎日将棋サイトで遊ぶなんてことは当然出来ません。そして子供が寝ないんですよ~~@。@

3:はい、たぶんこの記事出てるころ、入院してます^^;
詳しくは語りません。




はい、棋譜ですが、飛車先の歩を突かれたので向かい飛車にしました。
典型的な向かい飛車の理想的な将棋になりました。
こんなに普通はうまく行きません。当然










向かい飛車対居飛車急戦。受けきれずに負け。優勢から勝ちへの最短距離とは?? [・自戦譜(向かい飛車)]





最近あまり指せていません。
ちょっと将棋の熱が下がっているのもあります。子供の世話などで時間が取れないのもあります。
ネタもないので先日負けたものを反省しようと思います。

この対局、一瞬超優勢になっていると思います。しかしそこからどうするのが一番安全で近い勝ち方だったのか分からず、間違えてとうとう逆転負けしています。こういう将棋、私はとくにヘタですねえ。

ぜひみなさんのご意見をお聞かせください。よろしくお願いいたします。





久保の石田流

久保の石田流




nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

先手向かい飛車 後手居飛車。 向かい飛車からの強引な捌き方!!?? [・自戦譜(向かい飛車)]

最近向かい飛車を指すことが多いです。それはNHK将棋講座勉強してからすっかり自信をもってしまったから^^;といっても指しだしたら強引な捌きになることが多いですが。
この対局は確かレートが下の方だったと思います。序盤ただで銀をいただいてしまって、まあまあ安定して詰みまでもっていけたのではないでしょうか?
優勢のときにあせって、駒を渡す攻めをしていた数年前よりは成長しているように思います。
興味ありましたら昔の棋譜を見てやってください^^たまに見ると少しは成長しているのがわかって安心いたします。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

現在NHK講座で放送中の向かい飛車の練習。。。とついでに受けの練習  将棋 [・自戦譜(向かい飛車)]

仕事の昼休憩にパソコンに入っていたフリーソフトで練習してみました。このソフトあまり強くないのですが、時々まともな将棋をします。今回は完全勝利になりましたが。

NHK将棋講座で向かい飛車をやっています。阿久津先生が大分テレビにもなれてきた様子で、内容もとても良いですね。阿久津さんが居飛車なのでそういった内容と思いきや、振り飛車の話ばかり!!^^
しかもさらっとやっていますが、けっこう良いこと言っているのですよね。私なんか長年の悩みがいくつも解決しております。

かといってこの対局棋譜はたいしたことないのですが、テーマがいくつかあります。
その一つが端を攻められたときにどう受けるか??ということですね。私としては香車の交換になってもこちらからもう一度打って、安全にしておきたいところです。桂馬や角が総動員でこられるとけっこう受け方がわかりません^^;早逃げが受けの最善だったりすることもあるかも。

とまあこんなことを今回の将棋中にも考えたりしました。ちょっと受け損なっている感じもありますが。。。



最後のこの局面ですが、一応何通りかは読んでこの詰みまでたどり着きました。
でもきちんと読んでみるといろんなパターンがあるのですね。暇だったので色々考えてみました。

K-Shogi_20100618_2108106手.gif

みなさんはここまできたら分かりますよね^^詰みの力というのはここから詰められるか?という詰め将棋の力と、この詰みの形までもってこれるかという一つ前の構想力です^^私はどっちも足りませんが、構想力のほうがずれている感じもします。

詰みの例

1△同銀▲4一角△2一玉▲1二金△同玉▲4二龍△同銀▲2三馬まで詰み

2△同玉▲2三香成△同銀▲2二角△3四玉▲2六桂△2四玉▲1五金まで詰み

2-2△同玉▲2三香成△同玉▲1五桂△1四玉▲2六桂△2四玉▲3四金まで詰み

2-3△同玉▲2三香成△同玉▲1五桂△1二玉▲2四桂△2一玉▲3三金まで詰み

2-4△同玉▲2三香成△同玉▲1五桂△3二玉▲3四香△3三歩▲2五桂△2一玉▲1二金まで詰み

いろいろありますね。でも追い詰めです。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドキシス第2局目。居飛車穴熊撃退向かい飛車の一つ。穴熊に困ってる人必見!? [・自戦譜(向かい飛車)]

ドキシス第二段です!!ドキシスの名前はドキンシステムからきているようです。詳しいことはわかりませんが^^;

私が前に将棋世界で勉強した穴熊撃退向かい飛車と類似戦法ですが、細かいところで違います。私の意見としましては、私の使っている向かい飛車のほうが有力だと思っているのですが(藤井八段の考案作戦なんで偉そうには言えませんが^^;)どこか取り入れられるとこはないか??と勉強しているとこなのです。

ではご覧ください。




お気づきになった点がありましたらぜひご指摘いただきたいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なおの穴熊撃退戦法のそっくりさん見つけた。ドキンシステム^^ドキシス。 [・自戦譜(向かい飛車)]

普通の振り飛車をやっています。どうにも捌きが下手糞になっている気がします。
というか以前から捌きが下手糞だったと思い出しましたよ。

ところでリンクにもありますサイト様「英三郎の館」にてドキンシステムというものを発見しました。

これがまた私の穴熊撃退向かい飛車とそっくりではありませんか(藤井先生考案ですが^^;将棋世界参照)。
少しの違いは左金銀を全く動かさずに超急戦を仕掛けるところにあります。
ただ、8筋を同角と取るのではなく、同飛車としたほうが私はうまくいくと思うのですが。
まあ棋譜を見てください。
あわせてカテゴリー「穴熊撃退向かい飛車」もご覧ください。



持久戦になるとさすがに穴熊にはきついのですが、集中すればなんとかなります。
ただ、この作戦は一気にいかなくてはだめですね。みなさまぜひご指導ください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

居飛車穴熊を迎え撃て!!向かい飛車速攻~yahoo!将棋 [・自戦譜(向かい飛車)]

今日のお相手はえりさんです。ヤフー将棋の交流2で知り合ってから、最近仲良くしていただいています。
えりさんは私より少し年下の方なのですが、子供のころに将棋を習っていたらしく、とても強いです。
レートは最高1800以上ということで私よりは二回りくらい上なのではないでしょうか。
胸を借りるつもりで対局しました。



穴熊ではなかったのですが穴熊用向かい飛車で対抗しました。得意な形なのですが、最近久々すぎて少し中盤から迷っていますね。えりさんはこの作戦をあまり知らなかったようで、そういう相手には格上でも通用するすばらしい戦法ですね。ちょと最近の勉強不足でへたくそになっていますが、久々に勉強しなおそうと思いました。悪手も多々ありますが気になるとこがあれば教えてください!

えりさんありがとうございました。またよろしくお願いします。

レート1400台復帰。普通の振り飛車もたまには練習。~yahoo!将棋・・向かい飛車・・ [・自戦譜(向かい飛車)]

こんばんは尚です。最近ブログのアクセス数が復活してきました。要因は何か??不明です[わーい(嬉しい顔)]
しかしみなさまいつもごひいきありがとうございます。

本日掲載の棋譜は久々に普通の振り飛車をやってみました。
たまには練習しとかないとね。角交換型の振り飛車が流行っていますが、どうしても空中戦法を含みにしていて、じっくり指す普通の振り飛車とは趣を異にしますね。

それではどうぞ。先手尚 後手aさん(レート1490)です。
短い将棋ですが、いつもより少し早指しでやったので中盤からいきなりお互い12秒将棋です。



序盤もはや普通の振り飛車の流れを忘れています^^;細かい駒組みのミスがありますが、なんとか被害はなく進んでいます。
とにかくこの対局で分かったことは
1普通の振り飛車はやはり私のレベルでは捌くのが難しい。
2将棋は最後までわからない

ということでしょうか。相手の運に助けられただけの将棋ですが、それでも終盤の秒読みの中の緊張感はたまらないですね。
もう少し楽な戦いに出来た気もしますがまたご指導ください。

ちなみにレートが1400台復帰しました。最高レートは1490くらいなので目指してがんばります(あまりレート気にしてないのですが一応目標に)

そうそう次で記念の200記事達成です。週末ですね。

将棋会館にて対局の棋譜~増田裕司五段指導対局など~ [・自戦譜(向かい飛車)]

それでは将棋会館で行った対局を載せたいと思います。
指導対局の二局目です。一局目は飛車角落ちで負けてしまいましたが、増田先生が棋力からいって次は多分私が勝てないですよ。角落ちもしくは平手でやりましょう。といってくださりました。
申し訳ないの承知で
「失礼かとは思いますが平手でお願いいたします」と言いました。

まずは将棋世界にて連載中の藤井先生の対穴熊向かい飛車の1例です。
この講座で最近勉強しています。

ポイントはまず四間飛車にするところ。5八金型に組むところ。そして△1二香車と上がったところで仕掛けるところです。
次に紹介する増田先生との対局の棋譜がかなりそっくりな展開になりました。

それでは先手なお後手増田裕司五段です。どうぞ

この対局をしてみて分かったことはプロは強いということですね^^;当たり前か。
途中このまま攻めきれるんじゃないかと、非常に失礼なことを思っていたくらいです。
結局上手くいかなかった理由は角を捌いてしまったことなのですが、結果図からもまだもう少しやれたように今は感じます。ただそのときは形勢がどんどん逆転していくのに混乱して落ち着いて指せませんでした。
プロは少しくらい悪くなったくらいからの粘りが違うとは聞いていましたが、身をもってアマチュアとの差を感じました。増田先生ありがとうございました。

それでは同じ戦法でアマチュアの方とやるとどうなるか?と思いましたので、引き続いて道場にて行った1級の方との棋譜も載せます。これも向かい飛車になりました。
私は四間飛車に振らずに直接向かい飛車にしていますが、これはやはり問題があるようです。5三の歩を突かないで低い穴熊に構えられるとこの作戦は成功しません。たまたまみなさん5三の歩をついてくれているだけなのですね。運も味方してくれているわけです。これからの研究課題です。

相手がうまくはまっただけのようにも感じますが完勝でした。
夕飯を食べながら森先生より
「序盤は5~6級でかなり不安。終盤は初段はある。」といわれました。トータルではぎりぎり初段(いかないかなあ・・・)くらいでしょうかね。
これからはトータル二段を目指して頑張ります。

森先生はお話をしながら私が強くなる方法を色々教えてくれました。
①対局時間設定が長い。持ち時間30分は長すぎる。10分+一手30秒くらいの将棋をたくさんやるべき
・・・おっしゃるとおりです。週一、二局しか指せないのは問題。将棋が分かっていないのに長考してもしょうがない。もっと体で覚えこみます。
②居飛車のほうが向いているのでは。というよりもともと振り飛車は力がないと序盤捌くのが難しい。
・・・居飛車有利という考え方はどうもそのとおりのようです。私も今居飛車をやったら昔よりはできるかと思うのですが、もはや心が振り飛車党になってしまっていて転向は難しいです。もう少し振り飛車で頑張ります。
③得意戦法をもう少し持つ。三間一本では不安。
・・・おっっしゃるとおりです。最近私といえば石田流!という風に覚えている方もいるくらいです。なので先生が言われたとおり3つは作戦を持つようにします。ただし、やはり中飛車はちょっと苦手なのでとりあえずパスです。
④対局している相手が格下が多いような気がする。自分を過小評価している。
・・・確かにそうかもしれません。自分の棋力に自信は確かにありません。また最近同じくらいのレベルだとおもって対局を始めてみると結果完勝ということがけっこうあります。先生にいわれたとおり、ちょっと勝つのは難しいかなというくらいのレベルの方とたくさんやるようにします。

非常に楽しかったです。ネットよりも実際に駒を置く音が響くのもいいです。
将棋会館で良くしていただいたみなさま、対局していただいた方、ありがとうございました。
また強くなって戻ります。


・自戦譜(向かい飛車) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。