So-net無料ブログ作成
検索選択
・自戦譜(ダイレクト四間飛車) ブログトップ

角交換四間飛車で、角交換しないパターン [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

将棋ソフトとのお遊びです。
角交換型四間ですが、交換にはなりませんでした。
このソフトまあまあ強いので遊べます。







四間飛車の逆襲 (マイナビ将棋BOOKS)


四間飛車激減の理由 (マイナビ将棋BOOKS)


角交換四間飛車を指しこなす本 (最強将棋21)


角交換四間飛車 徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)


超久々に将棋をしてみたから記念に載せてみるかね。。。ダイレクト四間ですよ。 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]



ま、明らかに格下だったように思いますが、なんというかこちらとしても甘い手が多いし。でもそこそこ満足ですけどね。でもやっぱり相手がこれだけ手損に駒損してくれたら勝てるよなあ。。。

ま、久々なので記念ということで載せました。こんな棋譜で勉強になるところがあるかは不明ですが、誰かの役に立てば幸いです。

角交換四間飛車完勝譜。自転車漕ぎながら。 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

ジムで運動しながら将棋を指すってのが楽しくなってきています。
しんどいですが、あるときすごい集中力の渦に飲まれるときもあります。すごい境地にたどり着けるかもしれません^^;

今回は角交換振り飛車がうまくはまった棋譜です。相手が仕掛け損ねていますね。いつもこういけばいいのですが。


角交換四間飛車、深夜の熱戦。力戦にて逆転。 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

先日81Dojoにて良い対局があったので掲載します。
一回は保存した棋譜が壊れていて、開けなかったのですが、友。さまのご指摘により、81Dojoに棋譜が残っていることを初めて知りました^^;勉強不足ですなあ。

ありがとうございました。

それでは棋譜です。ダイレクト四間飛車は昔から多用しているのですが、最近やってなかったこと、そして二つの位を取られたことで定跡を外されたことから注意散漫になっていました。ということで序盤悪くなりましたが、気合で諦めずに粘った結果逆転できました。

久々の対局ということで気合が乗っていたということと、NHK講座で山崎先生の逆転術を観ていたことによる逆転への意識が高かったこともあり、辛抱ができました。みなさまの何か一つでもお役に立てることがこの棋譜にあれば幸いです。

ご意見ありましたらずばっとご指摘、ご指導ください。




角交換振り飛車 基礎編 (最強将棋21)

角交換振り飛車 基礎編 (最強将棋21)




角交換振り飛車 応用編 (最強将棋21)

角交換振り飛車 応用編 (最強将棋21)

  • 作者: 鈴木 大介
  • 出版社/メーカー: 浅川書房
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 単行本



角交換振り穴スペシャル (マイコミ将棋BOOKS)

角交換振り穴スペシャル (マイコミ将棋BOOKS)

  • 作者: 東大将棋
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2008/03/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ダイレクト四間飛車 対 居飛車急戦 終盤で逆転。それだけの棋譜。 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

風邪をひきました。
コメント少なめで棋譜だけ載せます。
またしても序盤の捌きでミスっています。慎重というか、重い手ばっかり指してしまう。。。
勉強しなおしです。



先手居飛車超急戦、後手ダイレクト四間飛車。途中まで完全なる定跡形での進行。はたして結果はいかに。 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

先日の対局より。
81Dojyoでの対局です。お相手は私より少し上の段級位の方。

私は後手番で得意の(他のが不得意だからという話もある)ダイレクト四間飛車にしました。
私の経験では初めて定跡形になりました。しかも鈴木先生の角交換振り飛車の本で、振り飛車超優勢とまで書かれてある形になりました。


その局面

81Dojo-2011-02-27-00-3830手.gif

問題はここから・・・

私もその局面から検討していませんでした。パッと見はたしかに振り飛車が超優勢に見えますからね。
アマチュアって、この局面からてこずるのかあ^^;と恥ずかしくなりました。

ではどうぞ。みなさまは優勢から普通に勝ちきれますか??





角交換振り飛車 基礎編 (最強将棋21)

角交換振り飛車 基礎編 (最強将棋21)

  • 作者: 鈴木 大介
  • 出版社/メーカー: 浅川書房
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 単行本



角交換振り飛車 応用編 (最強将棋21)

角交換振り飛車 応用編 (最強将棋21)

  • 作者: 鈴木 大介
  • 出版社/メーカー: 浅川書房
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 単行本



角交換振り飛車 対 居飛車急戦  定跡はきちんと勉強すること。一手の違いが大きな違い。 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

角交換振り飛車を使うのは久々になったので棋譜を掲載します。
最近では特に後手番で四間飛車穴熊を採用していました。しかし穴熊に飽きたのと、角筋止める振り飛車で苦戦したので気分転換に角交換振り飛車をやってみました。この戦法少し前までは私の主力だったような・・・でも復習していますが忘れてしまうものですねえ。

この対局でも序盤△72銀と閉まるところを間違ったために大変苦労しています。また左金の動きも早く決めすぎたのも災いしました。

こういうように定跡はちょっとした違いが命取りになることもありますから、きちんと勉強せねばなりませんな。

指してみて初めてわかる一手の違い

てなもんですか。

対局自体は必死で耐えることで相手がミスって勝つことが出来ました。最後一気の寄せは我ながら見事だと思いましたがどうでしょうか??まあ初段程度なので褒めてくださいよ、これでも^^;
良かったのは、最近持ち時間の配分を気にしながら指しているので、終盤で時間が使えることですかね。それくらいですね、成長したのは。

では棋譜をごらんください。そして文句つけてください^^;





角交換振り飛車 基礎編 (最強将棋21)

角交換振り飛車 基礎編 (最強将棋21)

  • 作者: 鈴木 大介
  • 出版社/メーカー: 浅川書房
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 単行本



角交換振り飛車 応用編 (最強将棋21)

角交換振り飛車 応用編 (最強将棋21)

  • 作者: 鈴木 大介
  • 出版社/メーカー: 浅川書房
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 単行本



角交換振り飛車 (スーパー将棋講座)

角交換振り飛車 (スーパー将棋講座)

  • 作者: 畠山 成幸
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 単行本



勢いで勝ち。角交換四間飛車の熱戦。実戦的には勝ちやすい戦法だと思う。 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

前回相穴熊で負けているので、穴熊はやめたーー!!という気分で違う戦法をやる気でいました。
途中普通四間に戻すことも考えましたが、結局角交換四間で落ち着きました。
この戦法、プロ的にはやや振り飛車が手詰まりになるという結論で、どうせ角筋止めないのならばゴキゲンにしようという流れがあります。
でもアマチュアにはすごく有効な戦法だと再認識しましたね。

たまには完勝の将棋を載せてもいいんじゃなーい??



さらっと流して鑑賞ください。


角交換振り飛車 基礎編 (最強将棋21)


角交換振り穴スペシャル (マイコミ将棋BOOKS)


ヤフー将棋で長年続いたサークルはハンゲームへと移動。。。そして初めての対局。 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

仕事と夜鳴きで超超・・・寝不足のなおです。
最近忙しくて将棋も出来ていません。

ところでヤフー将棋が終了してから数々あったサークルのみなさんはどこへ移動しているのでしょうか??今のところヤバゲーの内容が完全なる改悪!!であるため、そのまま移行した人は少ないようです。
何度も言いますが、棋譜がとれないというのはありえないことなんですよ!!!!!!(ヤフーの関係者へ)


それで移行先はハンゲームと24のようですね。
会話が中心のサークルは主にハンゲームへと移行しています。私もハンゲームで一からレートも出直しです。
ハンゲームではレートが違いすぎる人との対局はポイントにならないので、少しずついくしかないのです。とはいってもヤフーでもまれた私の仲間達はそんな下のレートからでは退屈そうです(私も一応そこそこのレベルではあるので今のとこは楽勝です)

初めての対局を記念に載せておきます。まあ見てもらえばわかるのですが、棋力差がありすぎて、将棋になっておりません。なのでコメントは無しです。もっと攻め筋あるのになーとか思ってしまいましたが、初心者にとっては、角交換型振り飛車は隙がなくてどこから攻めたらいかわからないのでしょうね^^;


yahoo!モバゲー 通称ヤバゲー??の将棋初の棋譜 角交換型振り飛車の熱戦100手 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

昨日もブログに書いたようにヤバゲーにて初めて将棋してみました。
棋譜送信機能が無いために、このブログを作るのも大変でした。改善を希望します。

それではこの初の対局の記念すべきお相手はレート1480の方、、、とはいいつつもレートが今までと違うために評価できません。この方とてもよい方で、ヤフーでも将棋していたらしかったので、ヤフー将棋でのレートも聞いたらよかったかなあ。

指した感じはなかなかできるな!!という印象でした。このときも5勝0敗となっていましたのでそこそこ強い方かと思います。

角交換振り飛車で行きましたが、受ける展開になりました。序盤は失敗していますが、攻めたり守ったり、引いたり押したりというバランス、駆け引きが以前よりはできるようになったかとは思いますが、細かいところでは直すとこだらけですね。またご意見ください。


四間飛車対右四間飛車!!うまく捌いたようだが、急所を間違え、中盤緩んで・・・結果は惨敗>< [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

これはくやしすぎる棋譜です!!
とにかくとにかくくやしい。右四間を勉強していたにもかかわらず、やはり将棋は中終盤が大事。ちょっと甘すぎましたな。早指しで見えないというのもこれまた実戦不足か・・・。

この棋譜はソフトに頼らずに自分で色々検討しました。そのために勉強になりました。それはそれでよかったのかな^^



最後のところ59手目で△3九銀とされて60手目▲同金として詰まないというのは後でわかりました。対局中はそこまで読めませんでした^^;しかしこの場合後手は勢い△同飛として棋譜に記載した流れとなります。そして詰まないのです^^
後手としては59手目△3九銀▲同金に△5三金!!と金を補充して「詰みはありません><」と間違いを認めれば、次に△3九飛成!から詰みがあるのでそれはそれで先手大変です。しかしこれには▲4九香車!!とすれば鉄壁になります。その後待望の▲7八銀から受けまくれば先手逆転です。

こういう流れは出来すぎかもしれませんが、自陣に目がいかなくなっている、この落ち着かないところが棋力の低さをあらわしています。勉強になりました。

退院間近!!最後の更新。そして東大将棋との角交換振り飛車棋譜掲載。ソフトが定石手順にはまった^^; [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

明日で退院予定です。そして午前に退院して午後からは仕事にいきます。といっても隣の棟ですけどね^^;仕事はやらねばならないものは来週からなので、のんびり今週は仕事します。来週からは厳しい毎日が待っています。怖ろしいですね。

この入院生活ですこし職場を離れたため、良かったこともありました。ストレスから開放されたのもあります。外から自分の職場や自分の生活を客観的にみると、「なんてことないなあ、気にすることないな」なんて思うものですが、いざ中へ入ってしまうとプレッシャーや不安やらでどうしようもなくなることもあります。

とにかく少し落ち着けたところで、、、
1 忙しい、厳しい(期限的に)、嫌な(人間関係など)ことは多々ありますが、時間は過ぎ去り、どうやってもそれなりに過ぎていくのが人生。あまり真剣に悩み過ぎないように、軽い気持ちでやっていきたいですね。

2・・・と書こうと思ったが上のが全てだったので書くことが無くなりました^^;


それではついでに??ソフトに連勝したので載せておきます。
そろそろまた対人対局したいです。棋譜並べも読書も飽きてきました^^


ヤフー将棋久々の対局。早指し対局。角交換型四間飛車からの捌き。 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

こんにちは最近寝不足です。しかし昨日は久々にゆっくり寝れまして元気になりました。
また来週から頑張っていかねば。
将棋はというと時々といった感じです。
久々に対局をやってみました。わずかな空き時間でやったので持ち時間5分、一手ごとに5秒追加です。
角交換型の振り飛車からうまく捌けたと思います。
早指しを差し引いてご指摘ください^^;


角交換型四間飛車穴熊(レグスペ) VS 居飛車急戦 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

なんだか疲れがとれません。風邪結婚式の疲れでしょう。
仕事も山積みで、今日も終わりませんでした。帰りは10時半。寝ても寝てもねむいしねえ・・・
職場ではまた上司に嫌がらせを受けたし、いいこと無いですわ。
とまあそんな気分をはねのけた将棋を掲載しときます。

珍しく久々に四間飛車です。終盤苦しいとこから一気に逆転できました。ではどうぞ。



勝つには勝ってすっきりなのですが、なんというか途中悪くしてしまったのがいまいちですね。
でも相手をにらんだ桂馬打ちなど、いくつかは好手が指せたのではないでしょうか??でも相手のミスで勝つような将棋ではまだまだです。堅実な将棋が指したいものです。

ぜひご意見ください。お待ちしております。

なかよしくんとの再戦。~角交換型四間飛車 VS 居飛車矢倉~ Yahoo!将棋 [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

今日もライバル(勝手に思っているだけ)のなかよしくんとの対局です。
先日はなかよしくん、なんとレート1900やら2000の方にも勝ったりしていまして、そろそろ差が離れてきたような印象!でも相手が強くなるほど、勝ってやる!というやる気が沸いてくるってもんです。



先手尚の角交換型四間飛車 後手なかよしくんの居飛車矢倉になりました。

41手目で▲6四角と踏み込むべきが、躊躇してしまいチャンスを逃す形に。
しかしその後角を打ち込んで勝負になるかと思ったのですが、のらりくらりと交わされてあっという間に先手劣勢に。

角交換型振り飛車が一番なかよしくんに近づける戦法だと再認識しましたが、使いこなせてないのが難点。次回こそは!一発いれてやりますよ^^甘い手多いのでご指導ください。終盤逆転のチャンスあったかなあ??(考えてみたのですが無かったような・・・)


角交換型四間飛車対棒金!!捌きを狙え。飛車と角の大移動。~yahoo!将棋~ [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

本日紹介する棋譜もレグスペです。
最近居飛車を相手にすることが多く、レグスペを採用したいわたしにとっては逆にありがたいことです。
この対局相手の後手さんがちょっとめずらしい囲いから棒金に来ました。もちろん前例がない戦いになりましたし、また棒金ですから8筋逆襲も難しいとあって、実はレグスペでは初めての8筋以外からの攻めをみせてみました(私のレグスペはほとんど8筋から逆襲していたのです^^;単調ですね)。
ちょっと慣れない感じでぎこちなかったのですが、なんとかうまく捌けたように思いますが、どうでしょうか。

それでは先手尚 後手さんはレート1400程度のaoさん(初対面)です。ちなみに本局は最後後手さんがネットから落ちてしまったので途中で終了しています。戦意喪失したのか、パソコンの不調かはわかりません。



本局ですがポイントを数点。

29手目ですが構想としては▲5九金ではなくて、▲6八銀などから銀を活用したほうがよかったのかな?

56手目△4二銀と引いたのは悪手でしたね。5四歩の拠点が残るのはどういう流れになっても後手損でしょう。玉形に差があるのもさらに不利です。

63手目最後の局面ですが、どちらが優勢でしょうか??どうみても私は先手優勢だと思うのですが。大局観の問題もあるので皆様の見解が聞きたいところです。先手には▲7六飛や▲7四歩など指したい手がいろいろあります。後手は飛車が△5五飛から捌けないと劣勢でしょう。

後から見なおすと普通の振り穴の戦いに見えますが、私にしては手将棋で、こういう戦いはあまりしたことがありませんでした。私の穴熊は3筋も4筋もあまり突かずに戦うことが多かったので。
必死で考えた感じがでているかもしれませんが、なかなか良い将棋だったのではないでしょうか。また気になったとこがありましたらご指摘ください。

千葉涼子女流3段からの初勝利!!~手堅く?それとも緩い?~ 居飛車対レグスペ   (東大将棋)  [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

高知への帰省も終了しまして、また同じ日常が戻ってきました。
今日はさっそく診療。車の運転の疲れが抜けず、腰やら肩やらあちこち痛いなか、まったく調子が出ませんでした。
明日は少しはやる気ださねば[ふらふら]

それでは帰宅して久々に将棋してみたので掲載します。
えっと先にお断りいたしますが、千葉女流といっても東大将棋の千葉女流です^^;(前も同じこと言ってましたね。すいません)

この女流棋士さんとの対局というモードのレベルですが、アマチュア初段~2段くらいでしょう。ただ、学習能力もあるでしょうからだんだん賢くなることも考えられますが。
また終盤はソフト特有のなかなかの強さがありますね。

それでは、先手なお 後手千葉女流です。



今回も角交換型四間飛車。通称レグスペ。
ポイントはいくつかあります。ひとつにはこのレグスペにはしょっちゅう現れる5九角を打たせて戦っているところです。この5九角はレグスペ側にとってはお互いの布陣しだいでは致命傷になり得る手です。今回は角を打たせ、銀損ながらうまく指すことができました。

もうひとつは中終盤からの寄せをてこずっているとこですか^^;慎重に指しているとこもあるのですが、慎重すぎるとこもあるようです。このあたり緩急つけれたらと思います。

何度も必至をうまくかけれるチャンスがありましたので、コメント欄にて掲載しました。
レグスペといってももうちょっといろいろ攻め手があるのですが、私がやっているのはいつも大体同じ流れです。もう少し勉強しなきゃなーと思いつつも、これだけでもそこそこ通用するのがおもしろいとこです。

また気になるとこや、突っ込みたいとこありましたら、遠慮なくご指導ください。





3週間ぶりの対局。角交換型四間飛車穴熊(レグスペもどき?)vs右四間飛車~yahoo!将棋~ [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

みなさまこんばんは。やっと少し時間がとれたので久々の対局をしました。
最近将棋ソフトをはじめて購入し、遊んでいます(今まではフリーソフトばかりでした)。いやー、やはり市販されているものはフリーソフトよりも精度がいいですね。変な手もあまりささないし。でも勝てないけど^^;
ソフトの良いところは気軽にできる点で悪いところは気軽に指しすぎる点です。手が適当になりがちですね。ソフトと対人戦をバランスよく勉強するのが良いでしょう。

では今回の対局。
先手なお、レグスペです。といってもまだまだマスターしてはいないのですけどね。穴熊は別に好きではないのですが、穴熊に組むことによって相手を焦らせて攻めさせるという意味では重宝してます。玉形で有利なまま攻め合いになったら、私の良さがでると思います。

それでは棋譜をどうぞ。


久々の対局でミスは多いし、詰みは逃すしいまいちです。教えていただきたいポイント多々です。

33手目あたりで左金を5八へと上げましたが、この左金の使い方が分かりませんでした。この場合6九金型のほうがよかったのかな?

37手目:▲8八飛車を迷いました。ソフトも推奨の手らしいのですが、△8二飛車と回らせても、満足ということでしょうかね。振り飛車らしい手だとは思いますが。

53手目はセンスのない手ですね。▲6三金。これは棋譜のコメント欄参照ですが、▲6三歩成りからいくのが手筋だと思いました。

59手目:▲6九飛と迷ったが、どうだったかな。コメント求む!

67手目:▲7五角だったかな。。。

87手目:▲4四馬で勝勢・・・

99手目:▲1七馬が筋でしょうか??こういうとき馬は自陣にってのがあるし。教えてほしいとこです。

103手目:▲4四桂 悪手です。  119手目:▲5一馬 悪手です。焦ってますねー^^;

123手目から後手玉簡単な詰みがありました。また144手目からは先手玉に大逆転の詰みがありました。みなさまも考えてみてくださいね。

総評としてはまあ久々でこんなもんかなーという感じです。とにかく最近詰め将棋をサボっているので手が見えない見えない^^;
終盤ぐだぐだになりがちですね。序盤30%アップ中盤30%アップ終盤30%ダウン^^;という感じでしょうか。トータルでは少しは成長しているような気がしていますが。
とにかく前のように攻めまくって攻めが切れてということはなくなり、自陣に手をもどしたり、落ち着いた差し回しができ初めています。ただその弊害というか、行くべきところで安全な手を指してしまうことが多いです。詰みもよく逃します。
以前は詰ませるところは詰ませて勝っていたような・・・

とにかくもうちょっとがんばりますね。またご指導ください。よろしくお願いいたします。

角交換型四間飛車。ソフトでの研究。どうやって後手番にするか??~yahoo!将棋は少しお休み~ [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

こんばんは、なおです。暑い日が続きますがみなさま体調はどうでしょうか?

今日はソフトでの練習・研究棋譜の中から、角交換型振り飛車のものを掲載いたします。
テーマはどうやって後手番にするか?です。


鈴木大介八段が先日の公式戦で、連続用いている手がありました。
▲7六歩△3四歩▲9六歩!!です。
振り飛車側が一手手待ちをして後手番にするために使える手は

▲9六歩▲1六歩が普通です。

9六歩は突いておいて振り飛車側から損になる事はあまりない一手です。それを言うなら1六歩は、美濃囲いにするうえで必須の一手なのですが、先についてしまうと美濃囲いをバラすようなもので、やや損なのでしょうか。穴熊も含みにとっておきたいとこです(1六歩型穴熊もありますが、私はあまり好みません)。

しかしここで▲9六歩△9四歩、▲1六歩△1四歩と突き返された場合、次に何の手待ちがあるのでしょうか??

一つ私が考えているのは▲2二角成△同銀▲8八銀△8四歩▲6八飛の流れです。これでもやれると思います。
もう一つが今回紹介している▲7五歩です。この手は咎めるのは意外と難しい手のようです。しかも実際▲7六銀▲8八飛▲7七桂▲7八金などと、升田式向かい飛車風の形に組むことも出来ます。思ったより使える手なのです。

この▲7五歩は今回早石田を見せた序盤から組んでいますが、こういう流れもありのようで(鈴木さんの石田流の本にもちょこっと載っていました)、その早石田流風角交換型四間飛車を今回練習してみました。
ポイントは▲7五銀が咎められないか??です。
前置きが長くなりましたがそれではどうぞ。



今回囲いは美濃を選択しました。これは後手が2二銀が壁銀で、また強い囲い(穴熊、銀冠または矢倉)にするまでに時間がかかりそうだったため、早さで勝負して美濃を選択しました。もちろん穴熊にも囲えます。

序盤角の使い方に差がでて、劣勢になりましたが、強引にさばいて、中盤粘ることで逆転できたと思います。飛車2枚を切る指し方は強引ではありますが、相手の飛車が取れる形であることと、囲いの差があることから切れないと判断しました。駒得を重視するソフトでは読みにくかった順ではあったかもしれません。

序盤甘い手があるかと思いますがまた気になったところありましたらご指摘お願いいたします。

なかよしくんへのリベンジ!!2週間ぶりの対局。将棋に勝って勝負に負けて。~yahoo!将棋~ [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

みなさまご無沙汰してます。尚です。

最近忙しく更新が滞っていますがご容赦を。

この土日は私はまたしても学会参加のため出張していました。夜のお酒は楽しみなのですが、でも休みが無いのは疲れますね。くたくたです。妻にも迷惑かけておりますが、将来のためなので仕方ありません。

本日掲載する将棋は5日ほど前のものです。ライバルと勝手に思っているなかよし君との再戦です。
私の実感としては1年前くらいは私のほうがちょっとだけ棋力が上だったように感じていました。(それでもほぼ差がなかったですが)
しかしここ最近はやや抜かれてしまった(すごく抜かれてる??)と思います。まあ学生さんと社会人の生活の差を言っても仕方ないので私もこの環境で頑張っていきたいものです。(でも毎日やってるなかよしくんの成長はすさまじい)

なかよしくんは推定レート1500台といわれており、私は最高レート1480ですから少し下なのでしょうね。ここ最近も連敗中です。しかし近い三局くらいは私も良い勝負をしており、また優勢のものもありました。しかし後一歩とどかない印象です。今回は序盤驚くほどの優勢になりました。しかし対局不足がもろにでまして、終盤疑問手を連発して形勢不明になりました。
まあご覧下さい。

先手尚 後手なかよし君です。今回はかなり詳しく対局時の考えていたことをコメントとして載せてあります。よろしければ面倒でしょうがポイントの手ごとにワンクリックしてコメント読んでみてくださいね。



私の18番になりつつある(まだ勉強不足もあるのですが)角交換四間飛車になりました。序盤は上出来だったのではないでしょうか??

59手目くらいからだんだん攻めが重くなってきます。その後も重い攻めを連発しています。

67手目がポイントの手で、第一感のように▲5三歩でしたね。

81手目も▲2一銀ではなくて▲2一飛でしょう。これも第一感でしたが、選べませんでした。

89手目が最後の大悪手!!ここでは必至の手がありました。▲1六歩です。以下即詰みです。細かくはコメント欄参照。

時間がたくさんあったにもかかわらず最後は時間切れという最悪の結果になりました。まあ攻めも切れていたので負けですね。
あまりに余裕がありすぎて攻めが重くなり遅くなりました。
時間配分も相変わらずで、終盤に時間が残っていないというのはちょっと考え物ですね。

なかよし君をはじめ、観戦していただいたみなさまには申し訳なく思っています。時間切れは相手にも観戦者にもそして中途半端で終わってしまう棋譜に対しても失礼だと思っています。
時間切れを理由にして、なんとなく負けてないような感じになる事(人)もいますが、それは大きな間違いで、それだけ時間をつかってその結果なのですから、立派な負けです。強い人は時間もしっかり使えて、時間切れなんか見たことがありませんから。だから言い訳はしません。負けです^^;
その代わり、なかよしくんにはそろそろ本当にリベンジしちゃいますよ。

みなさまお気づきの点ありましたらご指摘お願いいたします。宜しくお願いします。

角交換振り飛車戦法の初号局!!非常に優秀な作戦。~yahoo!将棋~ [・自戦譜(ダイレクト四間飛車)]

みなさまやっと棋譜を載せることができます。お待たせしました(待ってないって)

仕事も忙しくなってきましたよー更に!!いやー逆にテンション上がっております。

今回の対局ですが、私の新しい戦形の初号局です。
普通の振り飛車に疑問を持ち続けてから、数ヶ月。ゴキゲン中飛車の練習でヒントを得て、そこへちょうど良い具合に発刊された

角交換振り穴スペシャル」!!

まさしく運命を感じました。私が自力で数ヶ月間考えていた戦法とそっくりだったのです(実際私はお友達の「なかよしくん」の得意戦法である引き角戦法に対抗する手段として研究していたのですが、まあどの戦形で使ってもけっこう優秀な作戦なのですね)

お相手は初対面haさん。レートは1250ですが、対局を申し込まれたので受けました。新しい戦法をやるには少しレート下のほうが安心かな?という気持ちもありました。

それでは棋譜をどうぞ。先手尚、後手haさんです。


終盤差が開いたかな?とも思って、相手の悪手もあり少し手が緩みましたか^^;??
それでもけっこう完勝ではないでしょうか。投了図以下即詰みはありませんが、▲1一角や▲4三歩成で先手優勢でしょう。△1七金▲同桂△同桂▲同玉などで駒が入れば即詰みもあります。相手が受けを間違った感があり、銀金をもっと効果的にひきつけられていたら実はけっこう崩すのに苦労していた場面もありました(みなさまならすぐわかりますよね)。
そのあたりも含めてご指摘いただけたらありがたいです。

・自戦譜(ダイレクト四間飛車) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。