So-net無料ブログ作成
検索選択
将棋の日記 ブログトップ
前の30件 | -

5歳の息子に将棋を教える難しさ [将棋の日記]

今日は5歳の息子に将棋教えることの難しさについてのお話です。
というより、教え方を教えてください[たらーっ(汗)]

息子が駒の動かし方を覚えたのは3歳の頃で、センスがあるなあとか思っていたものの、そこからまったく伸びず><
集中力のなさと、教えても素直に聞かないのでお話になりません。

ちなみに今は玉1枚でも勝ちます 笑


森先生に頂いた詰将棋一手詰めをやったりしていますが、いまいち理解していません。

まず第一に王手!というものが分かってないのです。たとえば本日のこの詰将棋

DSC_0014.JPG

当然2一飛車成の一手詰め

ですけど彼はこんな感じ><

DSC_0015.JPG

おしいけど違う[もうやだ~(悲しい顔)]

王手ってことが分かってないんですよ。次に王様を取れるってことよ!とか言ってもだめ。。。

じゃあ!!ということでこちら
DSC_0017.JPG

こちらのほうがまだましですね。タダですけど。

とにかくこんな感じでイマイチなんです。
分かる詰将棋もあるんですけど、やっぱ王手がいまいち理解してない感じですね。

教えるのもう無理です~~。だれか教えて。
近所の公民館の将棋教室に入れるかな(たぶん根性ないのでついていけない)





当ブログをAndroid端末で見られている方へ大事なお話です。ドルフィンブラウザ [将棋の日記]

みなさんこんにちは。

みなさんは当ブログどこからご覧いただいているでしょうか?

多くがパソコン・・・ってのは昔の話で、現在は半分以上はスマホでしょう。

そして当の私もAndroid携帯です。


これまで当ブログで紹介している棋譜は、棋譜ソフト「フラ盤」です。
フラ盤はこちらから→


非常に使いやすく見やすいソフトですが、難点が1つ。
Android携帯で見れない[もうやだ~(悲しい顔)]

私も見れないの知ってました。。。。見れてませんでした。。。。


でも対処法知ってます。そして載せてなかったことを思い出しました。
すみません。

Androidは基本googleですが、flashplayerがありません。そのためこれらソフトを見ることができません。
しかし


こちらのドルフィンブラウザをご利用ください。
このたびの更新により、公式にFlashコンテンツが見れるようになっています。
ドルフィンブラウザはこちらからインストール→


ちなみに・・・
これまでの方法:Android携帯でFlashコンテンツを再生する方法はこちらから→






それでは今後ともよろしくお願いいたします。
棋譜へのコメントもお待ちしております。





女流棋士といえば、竹俣紅さんでしょ! [将棋の日記]

お勧めの女流棋士といえば竹俣紅さんです。[ぴかぴか(新しい)]
今更だけど、僕はずっと好きです(年齢的にこの発言ぎりぎりかも。)
最近メディアに取り上げられて有名になってきましたね[わーい(嬉しい顔)]

最初に私が知ったのは彼女がデビューしたころで、子ども将棋大会みたいな番組で見ました。めっちゃ美人でした。小学生だったかも^^;発言注意。

実は自分の初恋の人にタイプが劇似で、なんか思い出すものがあるのよね。。。






ed2a9f0f-s.jpg

竹俣紅さんのブログはこちらから→

まとめサイトはこちら→


先日ある企画イベントで、初めて大衆の前(高校生に)演説をしたようです。その内容がすばらしい。とても高校生とは思えない落ち着きっぷり。さすがにこういう世界で長年やってるから違いますね。[ドコモ提供]

一日演説の様子についてはこちらからどうぞ!!

すごく勉強になりました。大人だなーって感じ。

以前テレビで見たときには、会話の中から「この子は性格きついんやろなー」って感じました^^;
いやたぶんきついくらいでないとやっていけないでしょう。勝負の世界ですからね。[手(グー)]

とにかくこれからも注目です。[猫]
あ、将棋に注目です 笑


つるの将棋女流七番勝負


女流棋士のONとOFF (中公新書ラクレ)


美人女流棋士のススメ。室谷由紀さん NHK将棋 [将棋の日記]

本当に最近女流棋士は美人さんが増えたように思う。
女流棋士からすれば、実力を見て欲しい!という人もいるかもしれないが、美人が増えて将棋ファンが増えるならなんでも使ったほうがいいってもんだ

実際実力も上がってきているし問題無いでしょう[わーい(嬉しい顔)]

昔と比べて美人が増えたかどうかは知らないが、自分のタイプは確実に増えた^^;
(なんちゅうふしだらな見方・・・)

以前は中村桃子さん[ぴかぴか(新しい)]が大好きだったのだが、どうにも私は浮気症で最近では室谷由紀(むろや ゆき)さんがお気に入りです。
実力も然ることながら、NHK杯での読み上げではこの年にして、あの気だるい妖艶な声で世のおじさん連中を虜にしています(笑)。

いやオレだけ?[たらーっ(汗)]

関連するページ⇒女流棋士も美人になったもんだ

⇒実力だけじゃない!美人すぎると話題にしたい女流棋士 まとめページ

⇒【画像】17歳でデビューした女流棋士、室谷由紀さんがカワイイ




室谷由紀さん(本人のTwitterより)
WFjVOJbW.jpg
⇒室谷由紀さんのTwitterはこちら
美人過ぎます。将棋も頑張ってください[黒ハート]

森信雄先生の振り飛車穴熊を学ぶ^^棋譜の紹介。 [将棋の日記]

元記事2011-07-06   2015/12/11再掲載 お世話になっている森先生の棋譜 穴熊は食いつかないとだめ。あとは4筋、3筋の歩を切ることで食いつける。 やはり35手目▲4五歩が機敏でした

先日の竜王戦にて森信雄先生が振り飛車穴熊を採用して見事な勝利を収めました。ということでこれまでよくしていただいているにも関わらず、なんと初めて^^;森先生の棋譜を紹介します。

私もよく使っている四間飛車穴熊ですが、会心譜でしたね。
勉強になりました。









マイコミ将棋BOOKS よくわかる振り飛車穴熊

マイコミ将棋BOOKS よくわかる振り飛車穴熊




広瀬流四間飛車穴熊勝局集

広瀬流四間飛車穴熊勝局集

  • 作者: 広瀬 章人
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2011/04/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)

四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)

  • 作者: 広瀬 章人
  • 出版社/メーカー: 浅川書房
  • 発売日: 2011/04
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旧yahoo!将棋の同窓会のお知らせ [将棋の日記]

こんな連絡が来ました。以下参照。↓


挨拶道場で同窓会を開催することになりました!以下にその告知をいたします!!

①日時:11/21(土) 開場は20時半、対局開始は21〜24時の3時間
②場所:playok nagoyaラウンジ playokのURLはhttp://www.playok.com/ja/shogi/
イベント内容
   ・リレー戦(ペアトリオ戦)持ち時間は10分、秒読みは40秒
   ・対局オーダーはホスト側で決めさせて頂きます
   ・人数にも因りますが、何度でも対局できるので希望のかたはホストにお申し付けください^^
テーブル数は2つです^^;
第1テーブルのホストはvittukun(ヴィッツ)、第2テーブルのホストはsakata2kiti(つとむ)


同窓会ですが新規の方もじゃんじゃんご参加ください!
この機会に更なる親睦を!ヾ(=^▽^=)ノ
懐かしのみなさんとワイワイガヤガヤ仲良く将棋を指しましょ〜〜〜〜〜





---

---
挨拶道場臨時代表ヴィッツ








私 尚武帝なお の歴史は古く、2000年くらいからyahoo!将棋というところでゲームに参加していました。
ハンドルネームが尚武帝なおになったのはもう少し後でしたが。
そこで毎日楽しく将棋をしました。将棋はそちらで教えていただきました。ほとんど初心者でした。
大学生だったこともあり、将棋に、時に一緒に仲間とネット映画を鑑賞するなんておもしろい生活をしていましたね。[ぴかぴか(新しい)]

それがいつだったかもう7年くらい前になるでしょうか?yahoo!将棋が終了になってしまいました。
本当にショックで落ち込みました。[モバQ]
仲間もサークルもちりじりになりました。[バッド(下向き矢印)]

将棋道場24とかplayokとかあちこち主戦場を変えてみんな去っていきました。[ダッシュ(走り出すさま)]
青春が終わった瞬間でしたね。
将棋熱も少し冷めてしまって、今ではほとんど指していません(CPUとの遊びくらい)。

このたび同窓会が開かれるようですので予定があえば是非参加してみたいと思います。
もしかしてこの投稿をみてくれている昔の友達。ぜひきてください。私に会えるかも^^(別に会いたくないって??笑)[ひらめき]

5歳の息子との将棋~将棋の素人がうまくなるためには?~ [将棋の日記]

5歳の息子は将棋がぜんぜんです。
初めて駒の動かし方を覚えたのが3歳位で、これはもしや!!と思ったものの、その後あまり興味を示さず。
詰将棋も直ぐにやめてしまって。今日久々にやりたいというので平手でやりましたが、将棋にならなかったので、とりあえず6枚落ちにしてみましたが、、、

DSC_0957hulhjjlh.jpg

当然全然ダメ。圧勝で息子は泣いて寝ました。

これまでわざと負けてあげていたのでそれが癖になっています。そろそろちゃんと勉強してもらいたいところ。
わざと無茶苦茶な手をやって負けるのも、素人相手では一苦労です。それにそれではぜんぜん勉強にならない。

次回は10枚落ちでやります。


羽生善治の将棋入門 ジュニア版

羽生善治の将棋入門 ジュニア版





羽生善治のみるみる強くなる将棋入門-5ヵ条で勝ち方がわかる (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)

羽生善治のみるみる強くなる将棋入門-5ヵ条で勝ち方がわかる (池田書店 羽生善治の将棋シリーズ)

  • 作者: 羽生 善治
  • 出版社/メーカー: 池田書店
  • 発売日: 2009/02/03
  • メディア: 単行本



4歳の息子と詰将棋 [将棋の日記]





息子が将棋にはまってます。
短気な私は、イライラしないようにとそれだけ考えて相手をする毎日。。。

詰将棋も大好きで、1手詰めやってます。

以前森信雄先生よりいただいたサイン入り将棋本ですが、息子のものになってしまいました^^;
先生すみません、息子の実になることを願っています。

ま、嫌いにならないように気長にやります。

DSC_2874jjjj.jpg

将棋再開します [将棋の日記]





こんにちは尚です。

仕事も家庭も忙しく何も変わっていませんが、、、将棋また頑張ってやってみようと思います。
対局もたまにはやるようにしようかと思います。

きっかけというのはやはり息子(4歳半)に将棋を教えていることですね。

いくつか本を買ってみました。
自分の勉強の本3冊
子供の教え方の本1冊
息子でも読める(実際はまだ厳しいか)本2冊

息子が将棋が嫌いにならないように、せっかちで怒りっぽい(そう見えないでしょうがそうなのです^^;)この性格をうまくコントロールしつつ一緒に頑張っていこうと思います。

息子のレベルは
1駒の並べ方は小さいころから理解している。たまに飛車と角間違えるが気づく。
2ルールは一応理解しているが、王様の詰ませ方を知らない。
3自分なりに考えようとしている。角を動かすためにはこの歩を突かないといけない・・など。これは評価できるとこ。

まだまだこれからです^^

将棋の駒の置き方のこだわり。羽生さんだろうとここは譲れない。 [将棋の日記]

私はネットでやるよりも将棋の駒で指すほうが断然好きです。ただやる場所がないのですがねえ。。。

棋譜ならべも駒を置いてやります。あの
「パチ」という音が大好きなのです。

ところで駒の並べ方にはみんな癖がありますね。

私もこだわりがあります。


最近プロの人にも多い置き方で、私が大嫌いなのがこちら

111009_160530.jpg

駒を下のラインに合わせて置く方法です。過半数がこれだと思います。
理由としてはラインに揃えてきれいに並べれるから。。らしいのですが。。

ばかちーーん!!

昔は駒はマス目の真ん中と教わったはずなのに。。これでは全く駒が先へ伸びていく勢いがみられないではないですか!!!相手の敵陣へ突入するのですよ。なんというか引っ込みじあんのように見える><

森内さんも羽生さんもこんな感じ。だめーー(個人的意見)。

大体、ラインに揃えなくても、空間認識能力がそこそこあれば平行に駒は置けます!!!!
あーやだやだ几帳面みたいにみえるし。

好きな感じはこういうの。
111009_160606.jpg

先日のNHK杯戦では山崎先生がこう置いていました。さすがー。


まあ個人の勝手なんでしょうがね。





NHK 将棋講座 2011年 10月号 [雑誌]

NHK 将棋講座 2011年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/09/16
  • メディア: 雑誌



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

先日のNHK杯より。戸辺六段対片上六段戦 [将棋の日記]

昨日届いた週刊将棋で片上先生のコーナーがあるのですが、そこでNHK杯についての自身の感想が書いてありました。

先手片上六段居飛車、後手戸辺六段の3二飛戦法(佐藤流とでもいうのか?早々に4二銀と上がる流行の形)という最新形の興味深い対局でした。

結果は後手戸辺勝ち。

早々に先手が無理筋とも言われている▲2四歩を決行したので、

「何か対策があるのでは?」

と期待したのですが、予想通り2筋を逆襲されて先手は振り飛車にするしかなくなりました。

相振りの形になりましたが、後手は美濃囲い、先手は右辺の2筋を攻められていますのでそちら側に玉を動かすわけにも行かず、中住まいに似た形を取って、玉は中央に囲いました。

局面がなくて申し訳ないのですが、先手は囲いでも負け、右辺は攻められており、左辺の飛車銀での攻撃陣には相手3三に配置された角がにらみをきかせていて動きにくいという、まあアマチュアならば100回やって100回後手が勝ちそうな局面になってしまいました。

うーん。。。どうなんだろ。

まあ振り飛車の優秀性を語ってくれたようなものなので良かったには良かったのかな。

しかもそのコラム上で、片上さんはその2筋逆襲された局面を

「それはそれでやってみないとわからない局面」

と語っていました^^;

まじか??

アマチュアでは絶対に先手が勝てないように思うのですがね。

片上さんも最後に二度とやらない局面になったとは語っていましたが^^;
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私の将棋対局の間隔、頻度について。 [将棋の日記]

最近将棋を指していませんでした。ネット将棋。

別に仕事が忙しかったわけではありません。精神的に肉体的にそしてやる気の面で高まらなかったため、やらなかっただけです。しかし携帯ソフトの激指での練習は毎日数局やっていたので、実戦不足とまではなっていませんが。

昨日久々に対局しました。81-Dojoです。棋譜についてはまたのちのち掲載いたしますのでご意見ください。


私はネット将棋、基本的に持ち時間15分程度でやっております。それ以上早指しでは雑になりますし、考えることが勉強になると思っているからです。早指しに関してはソフトとのものでも十分かなと思っています。

持ち時間15分の対局では一分将棋になってからの時間も含め、相手の持ち時間も含めると対局時間はだいたい30~45分くらいかかります。感想戦をやるならもう少しかかります。これは私にとって結構しんどいもので、こういった対局を一日に数局するのには大変な集中力と体力を必要とします。

プロの方でも24で一日10局以上指していたという方もいらっしゃいますが、すごい体力だと思います。私も数局指していた時期がありましたが、夜中に指すこともあり、どうにも最後のほうは集中力が下がってしまうのです。しかも私は長考派のほうですので体力の減りはひどいものです。

ということで最近では少ない対局数を集中してやるようにしています(以前からかわってないか。。。^^;)
何よりも疲れてきて適当に指して負けるのが一番悔しいですから、負けても全力を尽くしたと思えるくらい本気の対局をしています。

昨日の対局は久々に熱の入ったものになりました。序盤いつもどおり不利になりましたが相手も間違えまして逆転になりました。

こういう戦いはなんというか仕事して帰っての同じ毎日の繰り返しをしている私にとって

「生きているなー!!」

という実感をもつことが出来る瞬間なのです^^
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

団鬼六氏 死去。 将棋界においても重要な人物でした。 [将棋の日記]

団鬼六氏が今月はじめ、死去されました。

→yahoo!のニュースはこちらから

団鬼六氏といえば官能小説が有名ですが、氏自身将棋を指され、将棋関係の執筆も多かったことで知られています。最近では病気続きで、執筆は減っていましたし、プロとの交流戦なんてのは見ることが出来なくなりました。

個人的には官能小説のほうも読ませていただいたことがあります。映画化されたものを見たこともあります。こちらの分野でも(本職ですけど)すばらしい作品を作ってこられました。

将棋のコラムを将棋世界などでたくさん読ませていただきました。時々毒を吐かれながらも、将棋を愛するコメントが散見され、とてもおもしろい文章ばかりでした。

杉本彩さんが「かわいい人」と称したように、いい年になってもかわいくて魅力的な人であったのでしょう。いつまでも快楽的に生きるということを有言実行されて天国へ行かれました。特に男にとっては魅力的であり、真似したくても真似できないヒーローのような姿に見えているのかもしれません。

あの文章を読めなくなると思うと非常に残念です。

ご冥福をお祈り申し上げます。


牛丼屋にて―団鬼六自薦エッセイ集

牛丼屋にて―団鬼六自薦エッセイ集

  • 作者: 団 鬼六
  • 出版社/メーカー: バジリコ
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 単行本



快楽なくして何が人生 (幻冬舎新書)

快楽なくして何が人生 (幻冬舎新書)

  • 作者: 団 鬼六
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 新書



地獄花 (祥伝社文庫)

地獄花 (祥伝社文庫)

  • 作者: 団 鬼六
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2011/03/11
  • メディア: 文庫



真剣師小池重明 (幻冬舎アウトロー文庫)

真剣師小池重明 (幻冬舎アウトロー文庫)

  • 作者: 団 鬼六
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うちの息子は将棋名人になれるか?? [将棋の日記]

[わーい(嬉しい顔)]うちの息子さん早いもので8ヶ月になりました!!

他の子よりも少し早くつかまり立ちを始めたのですが、最近では足の筋肉も発達してきて、足のプルプル^^;(笑)もなくなってきました。
こりゃあ早くに歩きだすかもなあ。

最近私がやっている棋譜並べの駒に興味を持ちます。まだ口に入れてしまうので触らせてあげられないのですが、必死で触ろうと寄ってきます。

将棋の「パチ!!」という音が好きみたいですね。

ちなみにテレビ大好きっ子ですが、好きなテレビはおかあさんといっしょと
NHK将棋講座・NHK杯戦」です!!

人が出ていなくても、ただ、盤面だけのシーンをずっと見ています。さすがに長考していて局面が動かないと飽きて、遊びに行ってしまうこともありますが、それは仕方ないですね^^お父さんも飽きているときあるから。

証拠写真です。
110501_102720.jpg

110501_102743.jpg

この日は序盤は見ていましたが後半は飽きてどこかに行ってしまいました。でも好きみたいです。

お父さんはアマチュア初段くらいですが、この子はどこまで行けるでしょうか?父は超えてもらわないと困ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

NHK将棋講座がおもしろすぐる!! 進行は鈴木真里元アマ女流名人 [将棋の日記]

以前も紹介しましたが、今期のNHK将棋講座がおもしろすぎます!!

まずは内容。

山崎先生もだいぶテレビに慣れてきたようで、逆転ホームランの振りも心なしか恥ずかしさがなくなったような気がします^^(ああいった恥ずかしいことNHKさせるの好きですよね)

プロ棋士が相手を間違えさせるコツや、相手の心理を逆用した指し手なんかを教える講座は今までなかったと思います。

テレビでの放送は時間の関係で説明がそこそこなのですが、冊子での内容は結構難しいですね^^;あれきっとアマチュア初段までの人では理解できないでしょう。



そして進行の鈴木真里さんが相変わらずのかわいさですね。
将棋が分かっていながら、アマチュアであるという、絶妙な位置取りが良いのでしょうか?
私たちが聞きたくなるポイントを聞いてくれますしね。



ぜひ御覧ください。



鈴木真里元アマチュア女流名人(画像はお借りしました。)
090923_suzuki-m_5-thumb.jpg



将棋世界 2011年 05月号 [雑誌]

将棋世界 2011年 05月号 [雑誌]




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

将棋に勝つためには。。。気力と棋力 [将棋の日記]

先月くらい、将棋が絶好調でした。これはひとえに私生活のおかげだと思います。仕事が落ち着いたのが大きかったですね。体調的にも精神的にもゆとりがありました。

そこで調子に乗ってしまったのがよくないところ。

少し強くなったのではないか?なんて思ってしまったのですが大きな間違いでした^^;


ここ最近は仕事が忙しく眠い中やっているのも問題ですが、連敗していました。

昨日やっと連敗が止まりまして、そこで原因がわかりましたよ。



無気力将棋


無気力相撲とかなんとかよく聞きますが、無気力将棋が原因でした。
なんとなく指していて、深く考えていなかったのですね。手が雑になっていました。
まるでなんとなく大局観によって良さそうな手を指していればよい、といわんばかりの雰囲気で指してましたよ。大山先生じゃあるまいし!!

昨日の対局はこれまたレートが下ということもあって、いつもの悪いくせが出まして中盤からうっかりを連発、攻めを切らされそうになりましたが、「内容はともかく、とにかく勝つのだ!!!」という意地のみで指し続け、終盤勝負手で逆転しました。

きれいな将棋を指して、ブログにて掲載するなんていう考えが、すでに分不相応でした。

この勝ちたい!という精神力を持って、戦う心を忘れずに頑張ってみます。


きれいな将棋なんてのはプロにならない限り指せません。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

子供に将棋をぜひ! [将棋の日記]

私の結婚後の夢は娘を持って、女流棋士にすることでした^^;

なぜって一つには女の子が欲しかったということ(息子を持った今は男の子でよかったと思いますが)、男の子にプロ棋士というのはなかなか厳しいと思ったのですが(なれなかったときに大変な人生が待っている^^;)女の子ならば最悪結婚して将棋やめてしまえばいいかという適当な読みによるものでした。

まあそんな話は置いておいて、実際には今、生後半年ちょっとの息子がいるのですが、将棋はやらせたいですね。一つには自分の相手になってほしいというのと、次には礼儀を身に着けるためとか、集中力を養うためとか色々あります。

先日も書きましたが、このブログを読んでいただいている方々は将棋をおやりになる方ばかりだと思いますから、たいていの人は将棋のすばらしさ、ゲームを越えて得られるものが沢山あるのです。職場の人達は将棋が出来る人がいないので、私をただのインドア趣味だと思っていますが^^;将棋の本質を知らないのですね。私からすると知らずに一生を送るのはたいへんもったいないことだと思うのですけどね。

さーて早く息子が大きくならないかなあ。


将棋♪.jpg


将棋を子供に教えよう!!将棋とは?が全てつまっている本です。

将棋をやってる子供は、なぜ「伸びしろ」が大きいのか?

将棋をやってる子供は、なぜ「伸びしろ」が大きいのか?

  • 作者: 安次嶺 隆幸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/10/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





初段になるための将棋勉強法

初段になるための将棋勉強法

  • 作者: 浦野 真彦
  • 出版社/メーカー: 白夜書房
  • 発売日: 2011/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

超ハイテク!!オンライン将棋「ふくろふ」をやってみた。 [将棋の日記]

いやあ、最近余裕が有るということで毎日更新をやってみたのですが、なかなか大変ですな。
あと二日なので頑張ってみます。いくら暇が出来たとは行っても一日仕事の日もあるわけで、今日明日みたいに一日出張の日もあるわけで。そういう場合夜中に更新するしかありません。

まあ無理やり書いているわけではなく、将棋のことやら、世界情勢のことやら、書きたいことはたくさんあるのでそのへんは問題ないのですけどね。

先日おもしろいネット将棋に登録してみました。仮登録ですが。

オンライン将棋「ふくろふ」です。


なかなかすごいですね。これ。→ふくろふのトップページはこちらから


プロ棋士も監修していることからも分かりますが、なかなかの完成度です。画面はきれいですし、棋譜の保存もできるし、大体必要なものはそろっている感じでした。

何と行っても一番の売りは、、、、、

手を指すときに手のカーソルがお互いに常に見えている!!ということです。

盤上に自分の手が見えています。お互いに。これをどこへ動かそうとも、お互いに見えているのです。つまり、あちこちを触ったりしていると、迷っているのがばれます^^;

ただ、自分の指で指しているような感じはあります。

さらに、感想戦もパッと局面をもどして、その指でパチパチと駒をお互いに動かせるので、本当にバーチャルリアリティという感じです。

問題は二点。

一つ目:有料制です。一月1000円以上かかります。すごいシステムを導入していますから分からなくも無いですが、さすがに高いです。ちょっとどうでしょうか。

二つ目:上の点にも関わりますが、有料登録は本当に一部の人しか行っていないでしょう。私のように仮登録(無料登録)の人が多いと思います。そしてとってもレベルが低いです。はたして普及するのでしょうか??多くの人が登録しないと幅広いレートをバランスよく配置することは出来ませんから。

今後が注目です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第36期棋王戦第一局 久保棋王先勝 [将棋の日記]

さきほど書いていた記事がクリックミスで消えました><
ということでやる気をなくしたので適当に書きます。

第36期棋王戦第一局が先週行われました、注目べきはその戦型でしたが今注目の石田流76飛になりました。勝敗は久保棋王がみごとに攻めきって勝ち。△45角と打つ超急戦にならなかったので、この戦型の是非はまだまだ謎ですが、振り飛車が勝ったことは大きいでしょう。

それに加えて今回の対局はニコニコ動画との連携による中継が行われました。これもすごいこと。ニコニコ動画がここまで一般的になろうとは思っても見ませんでした。

→第36期棋王戦中継サイトはこちらから。
勝てる石田流 (将棋最強ブックス)

勝てる石田流 (将棋最強ブックス)




nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

将棋の勉強日記をつけることにした。  参考:初段になるための将棋勉強法 [将棋の日記]

実はつい最近のことですが、仕事が少し落ち着きました。数年間ずっとストレスをかけ続けてきた原因が一つなくなりました。それによって精神的にすごく落ち着きました。変な頭痛に悩まされることもないですし^^;仕事で深夜に帰ることも当分はなさそうです。妻曰くいびきが軽減されたとのこと。。。確かにストレスが減ってますからね。

なかなか本題に入らなくてすいません^^;でも大変うれしいことなのでもう少ししゃべらせてください。この生活の変化は将棋勉強に対してもさっそく影響を及ぼしています。それは早く帰宅できるために将棋の勉強がたくさんできるというだけではありません。
今までは精神的に常に頭の中に仕事のことがちらついていて、他に何をしていても集中できない日々が続いていました。映画を観てもアニメを観ても、将棋をしても、つまり上の空で見ている様で見ていないということを感じていました。

最近将棋の勉強を再び頑張っていますが、定跡など頭に入ってくる感じが全く違います。今までは上の空だったのがすごくわかります。実際ここ1,2年で私自身の棋力はちょっぴり上がりました。でもその伸びはいまいちで、つまり伸び悩み^^;将棋を勉強し始めて4年ちょっとですが、最初の1年は良く伸びましたがそこから伸び悩みですね。

そこでちょうど良い時期に良い書籍が発売されました。

初段になるための将棋勉強法
です。

著者は詰め将棋で有名な浦野さん。内容も大変わかりやすくてお勧めの一冊です。
これは将棋を始めたばかりの人が読むと大変意味があると思います。将棋の勉強法からネット将棋の方法まで、将棋を楽しむために、将棋を勉強するために必要なことが事細かに書かれています。
この中にもありましたが、将棋というのは順調に右肩あがりに伸びていくものではありません。

イメージとしてはこういう感じ。例は私です(仕事ののりでなんとなくグラフ作ってみた)

名称未設定 1のコピー.jpg

ある一定時期までなかなか強くなった実感は無く、あるときふと「強くなったなー」と感じるということですね。
ここを乗り切ったら次にはまた一つ上のレベルに行けるということですね^^それにしても最近伸び悩んでいる感じがすごくしています。なんとかしたいです。


ということでこの書籍内にも書かれてあるのですが、私も将棋の日記をノートで書くことにしました。
毎日何をやったかがわかるので参考になってます。寝るときに必ずつけてます。将棋の勉強が偏らないようにするためにもとても良い方法だと思います。

みなさま。とくに初心者の方は必見です。


初段になるための将棋勉強法

初段になるための将棋勉強法




nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うれしい出会い。81-Dojoを通じてHidetchi さんと知り合いに。  将棋の新しい道場 [将棋の日記]

このブログをはじめてやはりうれしいのが出会いですね。新しい出会いがあるだけでもこのブログをやっている意味があるというものです。またこれは将棋にもあてはまります。将棋を再開してから4年ほどですが、多くの方と知り合えました。
森信雄先生をはじめとして、ヤフー将棋でのみなさま、そしてブログを通じて、鬼さんなどたくさんの方がた。
そして本日は81-Dojo考案者のHidetchiさんです。

先日も記事にしたのですが、もう一度紹介しておきます。
この81-Dojoというのはヤフー将棋でもなく、将棋倶楽部24でもなくハンゲームでもなく、それでいてそれらの長所を全て集め、短所を改善したすばらしいネット将棋道場です。(褒めすぎましたか^^;)
そして何よりもすばらしいのが、全世界の方と将棋ができるということです。共通語は英語。しかしこれでびびってしまう必要はありません。英語が出来ない人でも大丈夫です。挨拶くらいはCPUが勝手に書き込んでくれますしね^^
もちろん英語が少しでも話せたら楽しいです。私は英語が昔から好きで(ただ、最近なまっていて、だいぶ忘れてしまっているのですが)、今日もフランスの方と英語で感想戦してきました。日常会話ではないので、将棋の会話は超ムズですけど、楽しかったです。将棋は負けてしまいましたがね。

→81-Dojoはこちらから

マニュアルをみればすぐに登録できます。相手は外国人の方も多いですが、それよりも様々な機能をもっているこのネット将棋道場自体がすばらしいのです。使いやすい!!かゆいとこまで手が届く。


話を戻しますが、考案者のHidetchiさんと知り合いになることが出来ました。たくさんお話させていただきました。surprisingly! 驚いたことに彼は私とほとんど同じ年だったのです。ついでに歯の話もさせていただきました。今度は将棋がしたいですね。

みなさんも一度のぞいてみてはどうでしょうか??

ちなみにHidetchiさんはyoutubeでも同名で将棋の解説などをしています。英語が多いですが。でもおもしろいですよ^^

Hidetchiさんのブログはこちらから
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

将棋NHK杯より  深浦九段 対 藤井九段 を観た感想 [将棋の日記]

今日もNHK杯の感想。

深浦九段 対 藤井九段

観ましたか。すばらしい対局でした。何よりも注目は後手番になった藤井九段の作戦でしたが、驚きの後手藤井システム風な序盤になりました。

深浦九段の丁寧な指しまわしで持久戦になり、藤井九段の作戦負けに^^;

しかしここからがさすがプロ!!アマチュアならば序盤数十手のところで後手まず勝てそうにない状況になってしまったにも関わらず、藤井九段の豪快な(強引な)攻めで形勢は混沌。一瞬は逆転か?とまで思わせました。

さすがだなあ。。アマチュアだったら逆転してもおかしくなかったなあ。。

棋譜はこちら→NHK杯のサイト
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

女流棋士もきれいになったもんだ。 [将棋の日記]

ふと将棋のサイトをみていて、しみじみ思った。
女流棋士もきれいになったもんだと。親父の発言みたいで嫌だが、実際事実だと思う。
近年の将棋の普及にともなって、女性で将棋をする人は明らかに増えた。これもネット将棋のおかげである。そして女流棋士をはじめとした将棋の普及活動の賜物だと思う。
最近では「動物将棋」の考案など、さらにその普及活動は盛んになっており、これがうまくいけば10年後の女性の棋士は激増するのでは??なんて思ってしまう。




女性で将棋をする人が増えたからなのか、それともたまたま美人が増えたのかよくわからないが、美人女流棋士は増えた。ちょっと紹介でもしてみるか(ただの自分の趣味)

里見香奈女流名人
satomikana.jpg

なんとも初々しいこの子が女流名人というところに意味がある。最近でもまた男性棋士に勝った。とにかく将棋が強い。これくらい女性でもやれるというところを見せてほしい。


中村桃子女流一級
nakamuramoa.jpg

私が最近お気に入りだった女流棋士。お兄さんもプロ棋士。振り飛車党で、NHKの聞き手もやっていたが、将棋の実力は伸び悩み??


室田伊織女流初段
murotaa.jpg

NHKの聞き手をやっていたが、非常に上手だった。メガネやメイド服が似合う、ちょっと違う方面の担当?といった感じがするが^^;何度見ても「むろたいおり」と読んでしまう。「いお」だそうです。

岩根忍女流二段
iwanesinobu.jpg

少し前にNHKアナウンサーの泉浩司さんと結婚、出産した。おめでとうございます。
将棋のほうも、倉敷藤花、マイナビなどタイトル戦挑戦するようになったが、残念ながらあと一歩で獲得はならなかった。

伊奈川愛菓女流一級
inagawamanaka.jpg

美人棋士としても雑誌などで取り上げられたこともある。お化粧をするようになったら、なんだか一気に化けそうな気がする。残念なのは今大学受験で休場中なこと。

板東香菜子女流二級
bandoua.jpg

彼女もまた仕事の関係上休場中である。仕事って、、、将棋やないんかい!とかつっこみたくなるが、まあ好きなので言わないでおく。164cm 40kgということでめっちゃ華奢な体で、将棋にピアノに多彩な才能を持つ。スタイルも含めて私は一番好きだった。ちなみに写真集に出しており、買おうとした私と妻の間で一悶着あったのは有名??菜話。まだあきらめていないが。。。


とまああれこれ書いたが、女流棋士はきれいになっているなあとそれだけである。
最近では女流棋士を客寄せのために使っていたり、花として使っている場面を良く見るが、私はそれに反対しない。美人なことは良いことではないか。それに人がむらがっても良いではないか。それも一つのきっかけであり、そこから将棋に興味をもってもらえば最高である。特に女性のファンが増えることを期待している。
そういった扱いがもし嫌な女流棋士がいるのならば逆に一言言いたい。

もっと頑張れ!と。

女流棋士は強くなってきたのは事実だが、まだまだ全体の平均としては男性棋士に遠く及ばないし、ちょっとのことで休場するのも同様である。他の職種でもそうだが、男性には逃げ場はない。女性にはある。そこが大きく違うのである。そんなあれこれの意見をすべて吹き飛ばしたいのなら、男性棋士に負けない力をつけて見返すことだと思っている。だからこそ里見女流三冠はすごいと尊敬する。

とにかく私は女流棋士を応援している。みんな頑張れ。

(画像は全てお借りしました。問題あったら言ってください。)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

NHK杯戦より 久保二冠対佐藤九段について ひとこと [将棋の日記]

昨日のNHK杯
久保二冠対佐藤九段 見ましたか??
私も中飛車勉強中だったので楽しく拝見させていただきましたが。。。。

何あの佐藤先生の布陣!!!!あんなに盤面全体を使ってそれでいて全体をまとめきる能力って
それこそが「佐藤流!!」なのでしょう。普通無理でしょ。久保さんが完封ですよ^^;

棋譜を載せようと思ったのですが、作製に疲れてしまったので、下のNHK杯のサイトよりご覧ください。

NHK杯の棋譜が見れるサイトはこちらから

楽しい将棋でしたが、アマチュアは絶対に真似できない将棋でした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しいネット将棋道場「81-Dojo」 これはすばらしい!!! [将棋の日記]

いつもお世話になっている鬼様のブログを読んでいて、面白いサイトの紹介がされていたのでこちらでも紹介します。

81-Dojo  といいます!!

これは、もともとはというと世界の方々と将棋を指すというのがコンセプトのようです。共通言語英語。ですが、それはおしゃべりする時のお話で、実際の画面はそれぞれの国の言語に変換ができます。

ここまで聞いていると、
「僕は24で将棋しているからいいかなあー」
とか聞こえてきそうですが、私も実際最初はそう思いました。

しかし実際に見てみると・・・
81-Dojoのチュートリアルサイト youtubeより

これがもうすばらしいの一言なのです!!!
上のチュートリアルサイトで♯5くらいまでとりあえず見てください。おそらくこの製作者様は、ヤフー将棋はじめ、多くの将棋対局サイトを経験しているのでしょう。あらゆるサイトの長所をうまく取り入れた形式になっています。私もヤフー将棋がモバゲーに変わったときにたいへんいらいらして、怒りを覚えたものです。それで24へ鞍替えしたのですが、以前のヤフー将棋が良かった点もありました。しかしこの81-Dojoはかゆいところまで手が届く!!といったすばらしい完成度になっています。やはり将棋を知っている人が作るのが一番ですね(当たり前だとも思いますが)。

多くの方に紹介して、日本の登録者も増えてくれることを期待します。
今のところ海外の人が結構多く、初心者も多いです。人数が増えて、レートが安定してくると、24と同じような形で楽しめるようになると思います。

チュートリアルから
「10秒将棋はレート戦に含まれません。10秒将棋ばっかりでレート上げる人が増えると困りますから。」
「対局途中でもその棋譜を見ることができます(yahooであったが、24には無かった機能)」
「ロビー画面では今行われている対局の戦形が確認できます。居飛車四間飛車の対抗系など・・」

とまあかゆいとこに手が届く。


鬼様の紹介ページも載せておきます。→こちら
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アマチュア振り飛車にとって勝率が良い戦法は??? [将棋の日記]

新年早々仕事していてあまり将棋できていない尚です。

24では指していませんが、他で数局指してみました。
しかし残念なことに得意の(得意と思い込んでいる)四間飛車穴熊で連敗。。。気分転換にやった超久々のゴキゲン中飛車と石田流で2連勝。。。。

うーーん。微妙なところ。やはり角筋止めないほうが先行できるようだ。何よりゴキ中と石田流は居飛車側に完全に押さえ込まれることは少ない印象。

現在プロで多いのは先手石田流、後手ゴキ中。もう誰もかれもがこれをやっている^^;だからこそ私がやるのをやめたところもあるのだが。

私の今までの戦法は先手四間飛車穴熊、後手角交換型四間飛車(美濃or穴熊)。以前は先手で石田流、後手四間飛車って頃も長かったな。

先手石田流、後手ゴキ中。これを私が避けていた理由はたった一つ。

相振りの存在です。


プロでもこの二大戦法には相振りで対抗することが多いです。実際、石田流には相三間飛車で乱戦に、後手ゴキ中には三間飛車で勝率が良い・・・という事実があります。
この問題を私が解決できたら私もこの戦法を選択するつもりです。

ということでまた石田流と中飛車の勉強中。

この二大戦法を勉強するサイクル、定期的にやってきます^^;
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

序盤の大切さとそれ以上に終盤の大切さ。アマチュアの場合 [将棋の日記]

最近では対局が出来ていないのでどうにも勘が鈍ってますよね。
序盤の研究は昔から大好きなので時々やっていますが、詰め将棋をさぼり気味のせいか、終盤がぐだぐだになることもあります^^;

先日第4回朝日杯将棋オープン戦より阿久津プロと行方尚史プロの対局を観ました。

→棋譜はこちらから

内容は先手の阿久津さんがなんと普通の三間飛車に。そして一瞬乱戦模様になるも局面をおさめて持久戦へ。

内容はともかく、ちょっと感じたことがありました。

阿久津さんが序盤優勢になります。しかしさすがプロ、行方さんが粘って終盤一手違いまで持ち込みます。
ふと思ったのです。あれだけ優勢だと思っていた阿久津さんが終盤ではぎりぎりになっているのですよ。やっぱ終盤って大事だなーって。プロではそうそう大きなミスは無いですから、序盤で大差になったらもう勝ち目がありません。だから序盤の研究って大事なんだと思います。でもアマチュアはどうでしょうか。中盤から疑問手の嵐でしょ^^;
序盤に大差だと思っていたのに、中盤であれよあれよと追いつかれたって経験ないですか??

そうそうアマチュアは変な手さすから、一手の差くらいはすぐに縮まってしまうんですよね。

ということは・・・なおさら必要なのは終盤力!!!!序盤のちょっとしたミスなんて、埋められること多いです。もちろんアマチュアでも高段者は別ですけどね。

だから詰め将棋しましょう!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

yahoo!将棋はまだ存続していた!!!今なら戻れるぞ^^yahoo!将棋へ戻る方法。 [将棋の日記]

みなさまはご存知でしょうか??
ヤバゲーと合併してしまいyahoo!将棋はなくなってしまいました。。。

私もハンゲームやら移動しております。

しかし以下の記事を発見しました。
まずはヤフーの検索とかをする最初のページの左側を上から見ていくと掲示板っていう小さな項目がありますのでそれをクリックして入る。そして次のページが表示されたら、また左側を上から見ていくとゲームという小さな項目がありますのでそれをクリック。次のページが表示されたら全般という項目がありますのでそれをクリック。次のページが表示されたら旧ヤフーゲームできますよという項目がありますのでクリック。クリックして入るとアドレスがありますのでそれをクリック。次のページが表示されたら将棋という項目をクリック。そしたら将棋にいけますよ。 長文失礼しました。 .........

この記事は事実です。実際に交流、初級などのルームわけは無くなっておりますが、以前と同じページに入れます。まだ数百人残って将棋しておりました。他のサイトが合わない方はどうでしょうか。戻ってみては??





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

HANGAME ハンゲームの将棋をやっての感想。yahoo!将棋から移動してはや半月・・・ [将棋の日記]

これまで数年、いや私はyahoo!将棋を10年やってきたのだが、いわゆるサークルのようなものでみんなで集まって楽しんできたのは5,6年。そのyahoo!ゲームが先月いっぱいでなくなってしまった。モバゲーとの合併によるものである。今のところヤフーモバイルゲーム(ヤバゲー)の将棋の評価はひどいものである。

yahoo!将棋の形式を残しつつもなぜだかサービスを減少させたいわゆる改悪。詳しくは以前に書いた記事からどうぞ。

ヤバゲーについて以前の記事

もう一つの記事

このように一番の問題点は棋譜が取れないところである。また、交流、初級など、レベルに応じたルームがなくなったのも改悪の一点。


それで今はハンゲーム将棋にいるわけだが、これはこれでyahoo!よりも使いにくいところがある。

良いところ
棋譜が取れる。
時間設定が考慮時間を含めてyahoo!よりも多彩。
画面はきれい。
チャットの色を変えられる。


悪いところ
時間設定が両者の合意でないと決められない。
チャット欄が小さい。
ルームの最大人数が100人で入れないことがある。
対局者二人の席を埋めないと、観戦席に座れない。つまり観戦席にみんなで集まってお話するだけというのは無理。

今のヤバゲーよりはましというのが印象。
しかし色々と慣れない事が多い。
特に時間設定を両者で決めないといけないというのが違和感ありである。こちらが部屋の管理人であり、時間を決めているわけで、そこへ対局申し込みされているのに、なぜ対局時間の希望など聞かねばいけないのだろうか??
さらに設定項目が多く、相手がこっそり変更していても気付かないことが多い(これは私のミスであるが)。
つまり30分持ち時間で考慮時間3回 30秒というのにしていたはずが、30分考慮時間3回 10秒にされていても気付かないことがあったというのである。最後に考慮時間になってみて、
「あーーー!!」時間がない。。。となって時間切れで負けたのだ。しかも2回。。。

慣れなのかもしれないが。


また時間設定の交渉などもあり、yahoo!将棋に比べてさくさくと対局が進まない。対局者が来ない。対局始まる前に時間がかかる、実際来た人とレートの差がありすぎてポイントがつかないなど(レートごとの部屋わけをしていないために近いレートの人になかなか出会えないのだ)。

将棋倶楽部24に行こうかな。。。。。迷うところ。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネット将棋について yahoo!ゲーム将棋からyahoo!モバイルゲーム将棋へ [将棋の日記]

出張から帰り睡眠不足の尚です。

私はネットで将棋をしています。主にyahoo!ゲームの将棋です。なんとそこが閉鎖になるのです。そして装いも新たにyahoo!モバイルゲームへと代わるそうです。つまりyahoo!とモバゲーの合併ということです。

まあこちらとしては将棋ができれば何でも良いのですが。
しかしそのyahoo!モバゲー(通称ヤバゲーと言うらしい。)の将棋がどうにもひどいのです。

ヤバゲーの利点

yahoo!将棋よりも画面がきれい。
あとの設定はyahoo!将棋を踏襲している。

欠点

画面が大きすぎて端が見切れてしまう。
棋譜が獲得できない(これが一番の問題点である。ブロガーにとって。)
時間設定はyahoo!将棋と同じの変な設定である。
招待するコマンドはあるのだが、コメントを添付できないのでいたずらとの判断がつかない。
アバターがyahoo!将棋と比べて無料のものが少ない。

とまあ基本点はyahoo!将棋と同じであり、改悪の状態である。



ちなみに将棋を指すだけなら将棋倶楽部24でもいいと思います。

今問題になっているのがyahoo!将棋で行われているサークルの問題です。サークルとは将棋をしながらチャットも楽しむというものです。この点でヤバゲーはもう一つのところがあります。ちなみに24へ移動しようという話も上がりましたが、サークルのルームを作り辛いという点、自由にチャットしにくいという点で却下になったようです。

今ヤバゲーが改善されない限り一番有力なのがハンゲームです。ハンゲームはヤフー将棋に少し似ていてチャットもできます。難点はチャット欄が小さいことくらいでしょうか。またそこにいる方の将棋のレベルはヤフーよりも少し下がります。まあ今のyahoo!将棋の人がどこへ移動するかによってレベルはかわると思いますが。

それにしてもyahoo!は何を考えているのでしょうか??この重大な移行は9月末日で行われる予定が未だ何も変わっていません。yahoo!将棋も残ったままです。いつも連絡はとても遅いです。だいたいyahoo!はyahoo!ゲームでどれだけの人が楽しんでいるのか知らないのでしょうか??まあ色々改善もされないですし、興味ないのかもしれませんね。こんかいの移行に関してyahoo!の適当さが目立つ結果になっています。

さーてどこへ移動しましょうかね。

nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - 将棋の日記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。